氏名 小池 桂 (koike katura)  
所属 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 
職名 教授 
主要学歴
1990年3月同朋大学社会福祉学部社会福祉学科卒業 
1992年3月日本福祉大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了 
2003年3月大阪府立大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程社会福祉学専攻修了(博士、社会福祉学)  
取得学位 博士(社会福祉学) 
研究分野の概要  近現代における日本社会福祉史研究。特に近年は地方における社会福祉の展開過程を、その時々の政策動向との関連を問いながら明らかにすることをテーマとしている。
 
キーワード 慈恵,救貧政策,救貧思想 
主要職歴
1992年4月〜1993年3月日本福祉大学大学院社会福祉学研究科研究生 
1993年4月〜1994年3月広島YMCA健康福祉専門学校介護福祉士科専任教員 
1994年4月〜1998年9月YMCA米子医療福祉専門学校介護福祉士科専任教員 
2007年4月〜2012年3月徳山大学福祉情報学部福祉情報学科准教授 
2012年4月〜2015年3月徳山大学福祉情報学部人間コミュニケーション学科教授 
2015年4月〜京都ノートルダム女子大学生活福祉文化学部生活福祉文化学科教授(現在に至る) 
学内活動  
教育・研究活動
1.担当科目学 部:社会保障論鵯・鵺、社会福祉原論鵯・鵺、公的扶助論、福祉行財政と福祉計画、ソーシャルワーク基礎論、社会福祉援助技術実習指導鵯・鵺・鶚、社会福祉援助技術現場実習、生活福祉文化特論、生活福祉文化基礎演習鵯
 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
ハンセン病国立療養所長島愛生園研修  2011年〜  近現代日本における病者、障害者差別の実態を学ぶため、ゼミの一環として長島愛生園(岡山県瀬戸内市)を訪問し、人権学習を行ってきた。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
2009年2月〜2010年3月  山口県社会福祉教育研究会会員 
2012年4月〜2013年3月   社会福祉士全国統一模擬試験国家試験対策委員 
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
日本社会福祉綜合年表  共著  2000年6月  法律文化社  「専門職」担当。池田敬正、土井洋一編著。   担当項目が各頁にわたっている為、頁表記不可能。 
近代日本の慈善事業(科学研究費補助金成果報告書)  共著  2006年3月  社会福祉形成史研究会   「第八章 松江育児院の担い手と慈善思想」。池本美和子編著。   173頁〜193頁 
占領期社会事業従事者養成とケースワーク  単著  2007年3月  学術出版会     
日本の社会事業(科学研究費補助金成果報告書)  共著  2010年3月  社会福祉形成史研究会  「第八章 地域的救済事業と地方救済体制の成立」。元村智明編著。  199頁〜225頁 
社会福祉学事典  共著  2014年5月  丸善出版  「近代国家の救済策」担当。 日本社会福祉学会社会福祉学事典編集委員会編。  76頁〜77頁 
戦前期における社会事業の展開(科学研究費補助金成果報告書)  共著  2015年2月  社会福祉形成史研究会  「第八章 大正期鳥取市における貧民対策」。杉山博昭編著。  190頁〜215頁 
(2)論文          
占領期社会事業従事者養成におけるケースワークの導入目的とその意義  単著  2003年3月  2002年度大阪府立大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程博士論文     
鳥取県における慈善事業の形成―<自立>した「国家の良民」をめぐって―   単著  2009年3月  『徳山大学総合研究所紀要』第31号 徳山大学総合研究所    39頁〜49頁 
地方改良運動における模範的救貧事例の一考察   単著  2012年3月  『徳山大学総合研究所紀要』第34号 徳山大学総合研究所    215頁〜223頁 
地方改良運動と地方救貧行政の成立-鳥取県を中心として-   単著  2013年3月  『徳山大学総合研究所紀要』第35号 徳山大学総合研究所    91頁〜104頁 
(3)その他          
実習教育における実習テーマと実習経験について  単著  2010年2月  『2009年度山口県社会福祉教育研究会報告書』山口県社会福祉教育研究会    50頁〜51頁 
(インタビュー)先輩からの助言(第10回)池田敬正先生  共著  2011年9月  『社会事業史研究』第40号 社会事業史学会  聞き手:池本美和子、大友昌子、小池桂、水上妙子、元村智明、山本啓太郎   インタビューにつき、本人担当部分の頁表記不可能。 
代読裁判―声をなくした議員の闘い−  共著  2014年6月  法律文化社  「第1章『代読発言』の申し入れと当事者無視の議会運営」。川穎詑紂井上英夫編著。   11頁〜19頁 
(報告発表)鳥取こども学園における社会福祉史資料整理の経過と今後の課題  単独  2012年2月  鳥取県福祉研究学会第5回研究発表会     
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1992年〜  日本社会福祉学会会員(現在に至る) 
1995年〜  社会事業史研究会(現社会事業史学会)会員(現在に至る) 
2008年5月〜  鳥取養育研究会(現鳥取養育研究所)所員(現在に至る) 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他