Warning: session_start() [function.session-start]: open(/var/tmp//sess_1a1d37eb00a08896867dbf8d26188dba, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in /usr/home/gt102050/html/db/detail.php on line 30

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /usr/home/gt102050/html/db/detail.php:30) in /usr/home/gt102050/html/db/detail.php on line 30

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /usr/home/gt102050/html/db/detail.php:30) in /usr/home/gt102050/html/db/detail.php on line 30
教員データベース 閲覧システム

氏名 鷲見 朗子 (SUMI Akiko)
所属 人間文化学部 人間文化学科 
人間文化研究科 人間文化専攻 
職名 教授 
主要学歴
1985年3月ノートルダム女子大学文学部生活文化学科卒業 
1989年4月〜1991年3月大阪外国語大学アラビア・アフリカ語学科  
1993年5月米ミシガン大学アンアーバー校大学院 近代中東・北アフリカ研究所修士課程卒業(M.A) 
1993年1月〜1993年5月ヨルダン大学アラビア語集中プログラム(アンマン、ヨルダン) 
1993年6月〜1994年6月カイロ・アメリカン大学海外アラビア語学習研究所(カイロ、エジプト) 
1999年5月米インディアナ大学ブルーミントン校大学院 比較文学科修士課程卒業(M.A.) 
2001年10月米インディアナ大学ブルーミントン校大学院 近東言語文化学科博士課程卒業(Ph.D.) 
取得学位 Ph.D.(アラブ文学) 
研究分野の概要  古典アラブ詩の顕著な特性である「描写」(アラビア語で「ワスフ」)がテーマであり、特に絵画、歌、建築等の芸術の描写を含んだ詩を分析している。研究の目的は、インターアーツ研究と関連が深い西洋の近代エクフラシス(描写)理論を援用して、古典アラブ詩の新しい側面を明らかにすることである。従来古典アラブ詩研究には近代文学理論は殆ど用いられてこず、そういう意味でも本研究の意義は大きい。ワスフは伝統的オリエンタリストたちによって、非常に描写的で、客観的で、個人的感情の表出に欠けていると否定的な評価をされてきた。これに対して、本研究ではアラブ古典詩の描写を視覚的創造力に訴え、模倣的であるのみならず、象徴的、心理的、換喩的手法によってより大きな概念的比喩を表現するものであると再評価している。
 
キーワード アラブ文学, アラビア語教育, イスラーム 
主要職歴
1997年8月〜1999年5月米インディアナ大学ブルーミントン校近東言語文化学科アラビア語アソシエイト・インストラクター 
1999年5月〜2001年3月在レバノン日本国大使館専門調査員・文化広報担当官(レバノン・ベイルート) 
2001年4月〜2004年3月京都ノートルダム女子大学人間文化学部講師 
2004年4月〜2010年3月京都ノートルダム女子大学人間文化学部助教授(現 准教授) 
2005年4月〜2010年3月京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科准教授(兼任) 
2010年4月〜現在京都ノートルダム女子大学人間文化学部教授 
2010年4月〜現在京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科教授(兼任) 
2010年4月〜現在放送大学客員教授 
2012年4月〜2012年6月アメリカン大学カイロ校 客員研究員(エジプト・カイロ) Visiting Research Scholar, American University in Cairo 
2012年8月〜2012年9月フランス国立科学研究所 客員研究員 (パリ)Chercheur invite, Centre national de la recherche scientifique 
2012年9月〜2012年12月インディアナ大学ブルーミントン校 客員研究員(アメリカ・インディアナ)Visiting Scholar, Indiana University 
2012年12月〜2013年3月ジョージタウン大学 客員研究員(アメリカ・ワシントンDC)Visiting Researcher, Georgetown University 
学内活動 人間文化学部長、チアリーダー部顧問 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:アラブ文学特講、多文化理解、中東文化論、比較文学講読、基礎演習、発展演習、専門演習、アラビア語機銑
大学院:アラブ・イスラーム文化特論、アラブ・イスラーム文化史特別演習、アラブ・イスラーム文化史演習、特別研究 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
1)  視覚教材を効果的に利用した授業:京都ノートルダム女子大学人間文化学部共通教養科目「外国文学」(アラブ文学)  2007年度前期  学生に親しみのある「アラビアンナイト」を題材にして、そこに含まれている説話を学生とともに読み、物語の構成や登場人物の配置などに関して分析を行っている。物語を読むだけでなく、その物語をもとに製作された映画の鑑賞も行い、物語と映画の比較考察をしている。視覚教材を効果的に利用し、学生の理解度向上に役立てている。 
2)  実物に触れながら異文化理解を深める授業:京都ノートルダム女子大学人間文化学科専門科目「中東文化論」  2006年度前期  中東地域の文化を学習する科目である。関連講義を行いながら、同地域の衣服や工芸品などの実物に触れることによって、そこにある人々の生活・社会・宗教・芸術について学生がより深く学べるように工夫している。実物がない場合は、画像・映像を用いて視覚に訴えることで、学生の理解の促進を図っている。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
1) テレビ教材:放送大学テレビ科目『初歩のアラビア語〜アラブ・イスラーム文化への招待〜』の放送教材作成  2005年4月〜2006年3月  放送大学客員助教授として2006年度より4年間(前期・後期)同科目を担当している。主任講師として同テレビ教材15回分(1回は45分授業)を2005年度に作成し、そのための海外ロケも行った。全回を通じて教材の企画立案、台本作成、海外ロケの編集、パターンの原案作成等のすべての業務を、番組スタッフらに支えられながらこなした。語学についての講義だけでなく、アラブ・イスラーム文化についても現地の映像を通して紹介している。 
2) 教科書:鷲見朗子編著『初歩のアラビア語〜アラブ・イスラーム文化への招待〜』CD付(放送大学教育振興会 2006年 1〜203頁)  2006年4月  上記の放送大学テレビ科目のための印刷教材として同教科書を出版した(分担執筆者:依田純和氏)。同教科書は同科目から独立したアラビア語学習書としても利用できるように書かれており、全203頁で15課からなっている。アラビア語の読む・書く・聴く・話すことの基本を、アラブ・イスラーム文化への理解を深めながら習得できるように作成されている。ごく日常的な表現を学びながら、文法の基本を理解し、語彙力をつけていくことができるように工夫されている。付録として添付されたCDには、発音やリスニングの上達を促すために、ネイティブスピーカーによる基本フレーズやスキットなどが必要に応じて収録されている。 
3) 教科書:鷲見朗子編著『初歩のアラビア語'11』CD付(放送大学教育振興会 2011年 1〜249頁)  2011年  放送大学テレビ科目のための印刷教材として同教科書を出版した(分担執筆者:依田純和氏、福田義昭、森口明美)。同教科書は同科目から独立したアラビア語学習書としても利用できるように書かれており、全249頁で15課からなっている。アラビア語の読む・書く・聴く・話すことの基本を、習得できるように作成されている。ごく日常的な表現を学びながら、文法の基本を理解し、語彙力をつけていくことができるように工夫されている。付録として添付されたCDには、発音やリスニングの上達を促すために、ネイティブスピーカーによる基本フレーズやスキットなどが必要に応じて収録されている。 
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
1)  テレビ教材作成のための海外ロケ  2005年4〜5月  上記の放送大学テレビ科目制作の一環として海外ロケをアラブの3国(レバノン・カタール・エジプト)で行った。教育、芸術、文学、食文化、音楽、家族、宗教、メディアの分野の専門家や芸術家の現地インタビューをアラビア語で行うことで、アラビア語学習のなかにアラブ・イスラーム文化の要素を融合させることができた。海外ロケの映像を組み入れることで、「生」のアラブ人の暮らしとことばを受講者に伝えることが可能になった。 
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  Description in Classical Arabic Poetry: Wasf, Ekphrasis, and Interarts Theory Brill Studies in Middle Eastern Literatures, 25  単著  2004年  Leiden, Boston : E. J. Brill    1〜251頁 
2)  『文化の航跡―創造と伝播―』  共著  2005年4月  思文閣出版  京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科人間文化専攻編  118〜136頁 
3)  Arabian Nights and Orientalism:Perspectives from East and West  共著  2006年  London : I.B.Tauris  Eds. Yuriko Yamanaka and Tetsuo Nishio  194〜218頁 
5)  Early Islamic Poetry and Poetics The Formation of the Classical Islamic World vol. 37   共著  2009年9月  Hants, England: Ashgate Publish-ing Limite  Ed. Suzanne Pinckney Stetkevych  241-270頁 
6)  Arabic Literary Thresholds: Sites of Rhetorical Turn in Contemporary Scholarship  共著  2009年  Leiden: Brill  Ed. Muhsin al-Musawi  219-272頁 
8)  『百一夜物語―もうひとつのアラビアンナイト』  単訳  2011年  河出書房新社    1-393頁 
9)  『アラビアンナイトと北アフリカの物語』  共著:筆頭  2014年  「文化の航跡」刊行会  鷲見朗子、マフムード・タルシューナ、青柳悦子  1-84頁 
(2)論文          
学術論文          
1)  Remedy and Resolution:Bees and Honey-Collecting in Two Hudhali Odes(査読付)  単著  2003年7月  Arabic and Middle Eastern Literatures vol.6 no.2    137〜151頁 
2)  Al-Mubarah Taqsan Ihtifaliyyan: Mubara Shiriyyah Jahiliyyah fi wasf al-Khayl bayna Imra al-Qays wa Alqamah al-Fahl(アラビア語)(査読付)  単著  2003年7月  Al-Abhath, vol.50―51(2002―2003)    95〜144頁 
3)  Japanese Views of the Iran-Iraq War and the Gulf War through Japanese Newspaper Editorials: Part One  単著  2004年4月  『京都ノートルダム女子大学研究紀要』第34号    113〜123頁 
4)  イスラームの美と心―アルハンブラ宮殿のアラビア銘刻句を通して―  単著  2004年9月  『宗教研究』341号(78巻2輯)    53〜78頁 
5)  Japanese Views of the Iran-Iraq War and the Gulf War through Japanese Newspaper Editorials: Part Two  単著  2005年4月  『京都ノートルダム女子大学研究紀要』第35号    47〜59頁 
6)  アルハンブラ宮殿を飾る珠玉のアラブ詩文  単著  2005年4月  『季刊 文化遺産 アンダルシアの光と影』第19号    66〜67頁 
7)  文字法の認知学的諸相  共著  2006年6月  『アジア書字コーパスに基づく文字情報学の創成』平成13〜17年度文部科学別推進研究(COE))研究成果報告書(研究代表者:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授ペーリ・バースカララーオ)  徃住彰文、テリー・ジョイス、原田悦子、中道静香、鷲見朗子、小田弘美、小田淳一  33〜41頁 
8)  Interest and Motivation in Arabic Language Learning: The Role of Arabic Cultural Elements  共著  2008年3月  Proceedings of the 8th Edition Tunisia-Japan Symposium on Society, Sciences and Technology (TJASSST) 2007 El Kantaoui Forum Sousse Tunisia 29-30 October 2007  Akiko M. Sumi and Katsunori Sumi  44〜47頁 
9)  Poetry and Architecture: A Double Imitation in the Siniyyah of Ahmad Shawqi (査読付)  単著  2008年8月  Journal of Arabic Literature vol. 39 no.1    72〜122頁 
10)  宗教多元主義と対話の課題―西洋・中東・日本  単著  2008年8月  南山宗教文化研究所 研究所報 第18号    18〜24頁 
11)  The Challenges of Religious Pluralism and Dialogue: the West, the Middle East, and Japan  単著  2008年8月  Bulletin of the Nanzan Institute for Religion & Culture 32    31〜39頁 
12)  Motivation in Arabic Language Learning among Japanese Students: Triggers and Orientations  共著  2009年4月  Proceedings of the 9th Edition Tunisia-Japan Symposium on Society, Sciences and Technology (TJASSST) 2008 El Kantaoui Forum Sousse Tunisia 10-11 November 2008   Akiko M. Sumi and Katsunori Sumi  113−118頁 
13)  パレスチナ問題への国際協力−言語・文化教育支援の有効性−  単著  2009年9月  『民族紛争の背景に関する地政学的研究 平成20年度報告書』第8巻 大阪:大阪大学世界言語研究センタ−    183-197頁 
14)  Skills and Knowledge Acquisition of Arabic Language in Japanese University Classes: Differences in Skills and Knowledge between Those Desired by Students and Those Emphasized in Class  共著  2010年  Proceedings of the 10th Edition Tunisia-Japan Symposium on Society, Sciences and Technology (TJASSST) 2009 El Kantaoui Forum Sousse Tunisia 11-13 November 2009   Akiko M. Sumi and Katsunori Sumi  432-435頁 
15)  アラビア語の教育と学習におけるアラブ文化要素の役割−理論的見解と質的検討−(査読付)  共著  2010年3月  『アラブ・イスラム研究』第8号  鷲見朗子・鷲見克典  37-55頁 
  Skills and Knowledge Acquisition of Arabic Language in Japanese University Classes: Differences in Nine Elements between Desire of Students and Emphasis in Class among Non-Arabic Major Students.   共著:筆頭  2012年  Proceedings of the 2nd Edition Algeria-Japan Academic Symposium, Sustainable Society through Advanced Sciences, Oran, Algeria 17 May 2012, The 2nd Algeria-Japan Academic Symposium Organizers, University of Sciences and Technology of Oran-MB, Oran, Algeria  Akiko M.Sumi and Katsunori Sumi   84-88頁 
  外国語教育における文化学習の重要性―アラビア語授業とアラブ文化―   単著  2014年  大学コンソーシアム京都『2013年度第19回FDフォーラム報告集』第11分科会「異文化理解と多文化交流を深める授業の計画と実践」    467-474頁 
  チュニジアにおけるアラビア語授業観察の分析―「良い授業」とは―  共著:筆頭  2014年  『京都ノートルダム女子大学研究紀要』第44号  鷲見朗子・睛庸雄・森口明美・畑下仁美・橘堂弘文  11-24頁  
  Interests and Motivation among Arabic Language Learners in Japan: A Comparative Study of Majors of University Students  共著:筆頭  2014年  Proceedings of the 12th Tunisia-Japan Symposium on Society, Sciences and Technology (TJASSST) 2013 Hammamet Tunisia 15-18 November 2013  Akiko M. Sumi and Katsunori Sumi  pp.19-21 in Session VI: Humanities and Social Sciences 
  The Tyranny of the Anecdote: Alternative Readings of the Pre-Islamic Poet, al-Muraqqish al-Asghar's Poem and Its Anecdote(査読付)  単著  2014年  『日本中東学会年報』第29巻2号    pp.71-106 
  Dirasah Muqaranah li-l-Mir'at wa-al-Jamal bayna al-Hikayah al-Itariyyah li-l-Kitab Mi'at Laylah wa-Laylah wa Hikayah Budhiyyah Siniyyah min Taisho Toripikata [「百一夜物語」の枠物語:鏡と美](アラビア語)  単著  2015   L’Académie Tunisienne des Sciences, des Lettres et des Arts dt la Société Tunisienne de Littérature Comparée     pp.113-125 
  Development of the Interest in Arabic Culture Scale (IACS): A Measure of Interest in Arabic Culture for Students Learning Arabic in Japanese Universities(査読付)  共著  2015  Journal of Psychology and Psychotherapy, 5(3), doi:10.4172/2161-0487.1000180  Katsunori Sumi and Akiko M. Sumi   
  Interest in Arabic culture among Arabic language students in Japanese universities(査読付)  共著:筆頭  2016  Annuals of Japan Association for Middle East Studies, (31-2)  Akiko M. Sumi & Katsunori Sumi  151-182 
  Orientations among Japanese university students learning Arabic(査読付)  共著  2016  Annuals of Japan Association for Middle East Studies, (31-2)  Katsunori Sumi and Akiko M. Sumi  115-150 
  日本の高校と大学におけるアラビア語の教育と学習者(査読付)  共著:筆頭  印刷中  アラブ・イスラム研究第14号  鷲見朗子・鷲見克典   
(3)その他          
新聞寄稿記事           
1)  世界の文学 イラク「流浪の詩人・アルバヤーティ:亡命の悲哀、詩作に昇華」  単著  2003年10月23日付(東京新聞)、2003年10月23日付(中日新聞)  東京新聞夕刊、中日新聞夕刊     
2)  世界の文学 アラブ「アラビアンナイト再発見:窮地すくう語りの力」  単著  2004年11月19日付  東京新聞夕刊     
3)  世界の文学 エジプト「エル・サーダウィが描く精神と身体:本質を見抜く女性の眼差し」  単著  2005年12月16日付(東京新聞)、2006年1月9日付(西日本新聞)  東京新聞夕刊、西日本新聞     
4)  世界の文学 エジプト「ナギーブ・マフフーズ三部作:文学の底流なす都市の美学」  単著  2006年11月30日付  東京新聞夕刊     
5)  世界の文学 アラブ「ジブランの代表作『預言者』心に響く希望と再生の光」  単著  2007年12月13日付  東京新聞夕刊     
  世界の文学 アラブ 「詩人アドニス 変革と探求の精神は健在」  単著  2008年10月22日付  東京新聞夕刊     
  世界の文学 リビア 「砂漠に描く人間模様」  単著  2010年3月4日付 2010年3月4日付  東京新聞夕刊 中日新聞夕刊     
  世界の文学 アラブ 「知としての性 探求」  単著  2011年8月2日付 2011年8月2日付  東京新聞夕刊 中日新聞夕刊     
  世界の文学 シリア 「思いは変革の波に」  単著  2011年12月1日付  東京新聞夕刊     
  『百一夜物語』消えた写本めぐる不思議体験  単著  2012年8月9日付  産経新聞夕刊     
口頭発表           
1)  アルハンブラ宮殿に刻まれたアラブ称賛詩句:詩と建築の関係  単独  2003年10月  日本オリエント学会 第45回大会、金沢大学(金沢)     
2)  Bees and Honey-Gathering in Two Hudhali Odes  単独  2003年12月  エジプト国立ミニヤ大学文学部アラブ文学科(エジプト、ミニヤ)     
3)  アラブ古典詩とハバル:ジャーヒリーヤ詩の競演  単独  2004年1月  日本学術振興会カイロ支部 ジェンダー研究会(エジプト、カイロ)     
5)  中東情勢・中東文化  単独  2004年2月  京都ノートルダム女子大学 第4回研究報告会(京都)     
6)  アルハンブラ宮殿に刻まれたアラブ詩句:イスラームの美と心  単独  2004年10月  東京工業大学 社会理工学研究科COE「大規模知識資源の体系化と活用基盤構築」(東京)     
7)  イスラームの美と心―アルハンブラ宮殿のアラビア銘刻句を通して―  単独  2005年1月  京都ノートルダム女子大学 第5回研究報告会(京都)     
8)  Dawr al- ‘Imara fi Siniyyat Ahmad Shawqi(アラビア語)  単独  2005年5月  日本中東学会第21回年次大会、国立民族学博物館(大阪)     
9)  A Double Imitation in the Siniyyah of Ahmad Shawqi  単独  2005年11月  The 2005 Annual Meeting of the Middle East Studies Associa-tion of North America(DC, Washington)     
10)  アラビア語とアラブ文化の教育  単独  2007年2月  京都ノートルダム女子大学 第7回研究報告会(京都)     
11)  アラビア語教育研究の動向  単独  2007年5月  日本中東学会第23回年次大会 東北大学(仙台)     
12)  “From Diversity to Pluralism” Comment on Dr. Ziad Fahed, “Lebanese Religious Pluralism and Inter-Religious Dialogue: Opportunities and Challenges for the Third Millennium”  単独  2007年6月  The international Symposium, “The Challenges of Religious Pluralism and Dialogue ‘The West, the Middle East and Japan’” (Sousse, Tunisia)     
13)  エジプト近代詩人アフマド・シャウキーのスィーニーヤ詩における二重の模倣―建築物の描写―  単独  2008年2月  京都ノートルダム女子大学 第8回研究報告会 京都ノートルダム女子大学(京都)     
14)  Interest and Motivation in Arabic Language Learning: The Role of Arabic Cultural Elements  共同  2007年10月  Kantaoui Forum, The Tunisia-Japan Symposium on Society, Science & Technology 2007 (Sousse, Tunisia)  Akiko M. Sumi, Katsunori Sumi   
15)  エジプト近代詩人アフマド・シャウキーのスィーニーヤ詩における二重の模倣―建築物の描写―  単独  2008年2月26日  京都ノートルダム女子大学 第8回研究報告会 京都ノートルダム女子大学(京都)     
  The Frame Story of the Hundred and One Nights: Departure or Arrival?  単独  2008年4月27日  American Comparative Literature Association 2008 Annual Meeting, California State University (Long Beach, CA)      
  アラビア語学習・教育における興味と動機づけ  共同  2008年5月25日  日本中東学会第24回年次大会 千葉大学(千葉)  鷲見朗子・鷲見克典   
  Motivation in Arabic Language Learning among Japanese Students: Triggers and Orientations  共同  2008年11月10日  Kantaoui Forum, The Tunisia-Japan Symposium on Society, Science & Technology 2008 (Sousse, Tunisia)  Akiko M. Sumi, Katsunori Sumi   
  Al-Shi‛r al-Yābānī al-Hadīth: Tatsuji Miyoshi mā bayna al-Taqlīd wa-al-Hadāthah(アラビア語)  単独  2010年4月10日  Arabic Literature Activities, Arabic Lecture, Indiana University (Bloomington, IN)     
  アラビア語学習者におけるアラブ文化への興味と習得内容―非アラビア語専攻学生を対象として―  共同  2010年5月9日  日本中東学会第26回年次大会、中央大学(東京)  鷲見朗子・鷲見克典   
  TV放送番組「初歩のアラビア語」教材の開発(アラビア語)  単独  2010年10月6日  財団法人 日本国際協力センター(JICE)主催「サウジアラビアEラーニング・遠隔教育研究」放送大学(千葉)     
  アラビア語習得とアラブ文化への興味―アラビア語専攻学生と非アラビア語専攻学生の比較検討―  共同  2011年5月22日  日本中東学会第27回年次大会、京都大学(京都)  鷲見朗子・鷲見克典   
  Skills and Knowledge Acquisition of Arabic Language in Japanese University Classes: Differences in Nine Elements between Desire of Students and Emphasis in Class among Non-Arabic Major Students   共同  2012年5月17日  The 2nd Algeria-Japan Academic Symposium, Sustainable Society through Advanced Sciences, Oran, Algeria, University of Sciences and Technology of Oran-MB (Oran Algeria)  Akiko M. Sumi, Katsunori Sumi   
  『百一夜物語』―シャハラザードを超えて―  単独  2012年5月31日  日本学術振興会カイロ研究連絡センター(エジプト、カイロ)     
  よりよいアラビア語教育を目指して―海外におけるアラビア語教育(ケーススタディ)と大阪大学アラビア語専攻における教育の対比―  単独  2012年10月11日  「サウジウィーク in 大阪」共催シンポジウム「日本におけるアラビア語教育の現状と将来への展望」大阪大学外国語学部(大阪)     
  Arabic Acquisition and Interest in Arabic Culture among Japanese University Students  単独  2012年11月20日  The 2012 Annual Meeting of the Middle East Studies Associa-tion of North America(Denver, USA)     
  The Translation of The Hundred and One Nights: Conveying the Value and Essence of an Arabic Literary Work  単独  2012年12月3日  The Center for the Study of Middle East, Indiana University (Indiana, USA)     
  The Mirror and Beauty: The Frame Tale of the 101 Nights and a Chinese Buddhist Tale from Taisho Shinshu Daizokyo  単独  2013年3月13日  Department of Arabic and Islamic Studies, Georgetown University (Washington D.C., USA)     
  Interest and Motivation among Arabic Language Learners in Japan: A Comparative Study of Majors of University Students  共同  2013年11月16日  The Tunisian-Japanese Symposium on Society, Science and Technology (TJASSST) 2013 (Hammamet Tunisia )  Akiko M. Sumi, Katsunori Sumi   
  外国語教育における文化学習の重要性―アラビア語授業とアラブ文化―  単独  2014年2月22日  大学コンソーシアム京都「2013年度第19回FDフォーラム」第11分科会「異文化理解と多文化交流を深める授業の計画と実践」龍谷大学(京都)     
  『百一夜物語』―かたりのかたち―  単独  2014年2月26日  京都ノートルダム女子大学 2013年度研究プロジェクト発表会(京都)     
  Dirasah Muqaranah li-l-Mir'at wa-al-Jamal bayna al-Hikayah al-Itariyyah li-l-Kitab Mi'at Laylah wa-Laylah wa Hikayah Budhiyyah Siniyyah min Taisho Toripikata(アラビア語)  単独  2014年4月28日  La 7ème journée arabe de littérature comparée et du Dialogue des cultures, L'Etude comparee et le dialogue des litteratures (Carthage, Tunisia)     
  日本の大学におけるアラビア語学習者の動機づけと学習関連結果―自己決定理論に基づく学習動機づけの理解と役割―  共同  2014年5月11日  日本中東学会第30回年次大会、東京国際大学(埼玉)  鷲見朗子・鷲見克典   
科学研究費補助金等           
1)   科学研究費補助金 基盤研究 (A)⑴14201054 研究分担者 「欧米・日本におけるアラビアン・ナイトの受容と中東イスラム世界イ メージ形成」 研究代表者:国立民族学博物館助教授 西尾哲夫    平成14年度〜平成17年度    研究分担者:鷲見朗子   
2)  京都ノートルダム女子大学 研究プロジェクト助成金 「アルハンブラ宮殿内コーラン句とアラブ詩句の碑文の象徴:インター アーツ的アプローチ」    平成15年4月〜平成16年3月       
3)  京都ノートルダム女子大学 研究プロジェクト助成金 「エジプト近代詩人アフマド・シャウキーの詩『スィーニーヤ』におけ る二重模倣」    平成17年4月〜平成18年3月       
4)  科学研究費補助金 基盤研究(S)18102001 研究分担者 「アラビアンナイトの形成過程とオリエンタリズム的文学空間創出メカ ニズムの解明」 研究代表者:国立民族学博物館教授 西尾哲夫    平成18年度〜平成22年度    研究分担者:鷲見朗子   
5)  科学研究費補助金 萌芽研究19652060 研究代表者 「日本人のためのアラビア語教授法の開発―アラブ文化要素の効果的活 用―」    平成19年度〜平成21年度    研究代表者:鷲見朗子   
6)  科学研究費補助金 基盤研究(C)22520599 研究代表者 「学習意欲を高めるアラビア語教育―コミュニカティブ・グラマーの提唱―」    平成22年度〜平成25年度    研究代表者:鷲見朗子   
  京都ノートルダム女子大学 平成24年度 国外研修助成金 『百一夜物語』の枠物語:美と真実の探求」の研究    平成24年4月〜平成25年3月       
  科学研究費補助金 基盤研究(C)26370642 研究代表者 「アラビア語習得における学習動機づけを高める指導方法の策定とその効果に関する研究」    平成26年度〜平成29年度    研究代表者:鷲見朗子   
           
科学研究費補助金報告書           
1)  『日本人のためのアラビア語教授法の開発―アラブ文化要素の効果的活用―』平成19〜21年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究課題番号19652060科学研究費補助金研究成果報告書  共著:筆頭  2010年  コームラ  鷲見朗子(研究代表者)  1-66頁 
2)  『学習意欲を高めるアラビア語教育―コミュニカティブ・グラマーの提唱―』平成22〜25年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題番号22520599科学研究費補助金研究成果報告書  共著:筆頭  2014年  遊文舎  鷲見朗子(研究代表者)  1-76頁 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1996年7月〜現在に至る  The Middle East Studies Association of North America会員 
1997年5月〜現在に至る  日本中東学会会員 
1998年5月〜2014年3月  日本オリエント学会会員 
2001年4月〜現在に至る  関西アラブ研究会会員 
(2)公的機関の役職等
2004年8月〜現在に至る  日本水泳連盟 シンクロ委員会 国際普及委員 
2011年12月1日〜2012年11月30日  日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
2002年5月9日  大阪歯科大学歯科衛生士専門学校研修(和歌山)「女性の視点からみたイスラーム社会―イスラーム女性信者がまとうヴェール―」 
2002年7月24日  大阪フレンド ロータリークラブ(大阪)「イスラーム社会の女性たち―イスラーム女性信者がまとうヴェール―」 
2003年2月6日  ガールスカウト京都府支部指導者研修会(京都)「イスラーム世界への扉」 
2004年3月13日  京都府私立中学高等学校社会科研究会 冬季研修会(京都)「アラブ・イスラーム社会および文化について」 
2004年10月22日  国際交流基金「中東理解講座」「中東地域の文学 アラブ編」第4回(東京)「アラブ古典詩「カシーダ」の世界―報われぬ恋と究極の男らしさ―」 
2004年5月15日  名古屋国際センター(名古屋)「耳に伝わる!〜アラビアンナイトに見るアラブの世界〜」 
2006年10月20日  愛知県立瑞陵高等学校進路セミナー 「アラブ・イスラームって?―地域と文化の紹介―」 
2011年4月15日  名古屋キワニスクラブ例会(名古屋)「アラブ・イスラーム文化の基礎知識」 
2011年6月24日  サロン・ド・じゅらく(愛知)「イスラーム文化の基礎知識」 
2014年6月30日  駐日レバノン大使館・日本レバノン友好協会主催、JICA 地球の広場(東京)「カリール・ジブランの代表作『預言者』〜時空を超えて愛される魅力〜」 
(5)その他
2013年6月20日  講演 名古屋商科大学(愛知県)「世界のプールサイドから 技と美を競うシンクロ競技の採点」 

Warning: Unknown: open(/var/tmp//sess_1a1d37eb00a08896867dbf8d26188dba, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct () in Unknown on line 0