氏名 長沼 光彦 (NAGANUMA Mitsuhiko)
所属 人間文化学部 人間文化学科 
人間文化研究科 人間文化専攻 
職名 准教授 
主要学歴
1985年3月新潟大学人文学部文化課程日本文化科卒業 
1989年3月新潟大学人文科学研究科修士課程修了 
1998年3月東京都立大学人文科学研究科博士課程単位取得退学 
取得学位 文学博士 
研究分野の概要 日本の明治時代以降の近現代文学の表現、思想、文化背景について研究している。 
キーワード 「日本近現代文学」「詩」「小説」「表現」「思想」「文化」 
主要職歴
1985年4月〜1987年3月新潟県立分水高等学校教諭(国語) 
2005年4月〜2007年3月私立藤枝明誠高等学校教諭(国語) 
2007年4月〜京都ノートルダム女子大学人間文化学部准教授 
2007年4月〜京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科准教授(兼任) 
学内活動 広報委員会、入試問題作成委員会、『言語文化研究』編集 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:日本語コミュニケーションI、日本文学、国文学概論、日本文学講読、日本近代文学特講、国語科教育法機国語科教育法供基礎演習、発展演習、専門演習、卒業研究、キャリア形成ゼミ、ホスピタリティ京都
大学院:日本近代文学特論、日本文学演習、特別研究機銑 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
1.教育内容の工夫     
  日本文学など文学関連の科目の講義内容について  2007年4月〜  文学を専門としない学生にも興味が持てるよう、身近な言葉に関する問題を取り上げたり、近年起こった出来事に結びつけながら、講義を展開している。また、毎回講義の終わりに感想を書くことを求め、学生が考えをまとめる機会としている。 
  京都フィールドワークについて  2007年4月〜  京都に興味を持つ学生に資料調査の契機を設けるとともに、資料を読む力だけでなく、実際に現地に出かけ確認する力をつけるために、フィールドワークを実践している。 
  映画、アニメ、漫画などの映像表現研究について  2009年4月〜  映画、アニメ、漫画などの映像表現を目指す学生のため、ゼミや自主研究会で、映像表現研究の方法論を学ぶ機会を作っている。院生については、文学など言語表現との違いをふまえた研究を進めている。 
  編集出版研究について  2010年4月〜  学生のキャリア構築の志望により、取材、本のデザイン、制作を学び実践する自主研究会を始める。2012年よりキャリア実践ゼミの一つとして正規授業科目となる。 
2.教育方法の工夫     
  日本語コミュニケーションなどにおける導入教育について  2007年4月〜  1年次必修の講義であるため、導入教育としての役割を担うことを目指している。基本的な日本語表現の練習の他、グループによる討論、レポートの書き方を学ぶなど、大学での学習活動に役立つプログラムを提供している。 
  日本文学など文学関連の講義について  2010年4月〜  初年次の学生や教養科目を受講する学生については、抽象的な内容を理解しにくい場合もある。文学に表された思想など、絵や簡潔な図解に置き換えて解説することにより、理解の助けとなるよう心がけている。 
  国語科教育法の実践活動について  2010年4月〜  教育理論や方法論の説明だけでは教師に求められる力を実感できない学生のため、話す、聞く、読む、書くの力を実際に身につけ指導できるように、スピーチや板書などの実践を毎回の授業に取り入れている。 
  アクティブラーニングを援用した日本文学の授業について  2015年4月〜  KJ法を援用したグループワークを、国文学概論など日本文学に関わる授業、国語科教育法気覆俵疑Δ亡悗錣觴業で、実践している。また、同じ方法論を、教員免許更新講習で紹介している。 
3.学生による授業評価の活用     
  学生による授業評価の活用  2007年4月〜  大学で実施される授業アンケートの他、授業ごとの感想、最終授業での要望などをふまえ、次回の授業内容の改善に生かしている。 
     
(2)作成した教科書、教材、参考書    
1. 日本語コミュニケーションなどの、言語表現に関わる教材・プリント  2007年4月〜  学士力、社会人基礎力をふまえ、論文を作成するための論理力、構成力、また敬語を使いこなすための基礎知識などを身につけるための、演習問題や作業用のプリントを作成した。 
2. 日本文学など文学関連科目の、教材・プリント  2007年4月〜  共通教育などでは、文学テキストに触れたことのない学生も多いため、多くのテキストを紹介するプリントを作成している。また、マンガなど、他のジャンルと比較しながら、文学テキストの特徴を考察する材料を提供している。 
3. 国語科教育法の、教職関連のプリントなど  2010年4月〜  国語科教育法で学ぶ内容をまとめたプリント、および基礎力を養うために小テストを作成した。 
4. 基礎演習テキスト  2010年4月〜  基礎演習テキストの、現代用語および批評用語の一覧、レジュメの書き方例、を作成した。 
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
1.  初年度教育学会での研究    2008年に開設された初年次教育学会に入会し、初年次教育の現状をふまえ、普段の教育活動を改善している。 
2.  フィールドワーク(定例)  2007年4月から随時  基礎演習、専門書講読、専門演習など、日本文化の研究を志す学生に、大学周辺の上賀茂神社、下鴨神社などを中心に、年中行事などを体験するフィールドワークを実施している。フィールドワークを体験した学生の中には、立砂に興味を持ち論文としてまとめた学生もいる。 
3.  フィールドワーク  2008年12月  吉田神社、真如堂、法然院を巡るフィールドワークに参加。法然院の谷崎潤一郎の墓所などについて解説する。 
4.  フィールドワーク  2009年11月  南禅寺、黒谷金戒光明寺を巡るフィールドワークに参加。2008年12月のフィールドワークと合わせ、ブックレット『京の町歩き』にまとめる。 
5.  フィールドワーク  2010年7月  学生が企画した宇治を巡るフィールドワークに参加。 
6.  フィールドワーク写真展示会  2010年7月  宇治フィールドワークで学生自身が撮った写真を展示し、学生の着眼点にバリエーションのあることを示した。写真を撮る意識を持つことにより、観察力を養おうというコンセプトである。 
7.  キャリア実践ゼミ(編集出版)  2010年8月  学生のキャリア実践型の学びの試みとして、正規授業の枠外で、2009年より雑誌づくりのプログラムを始め、2010年8月に完成、オープンキャンパスなどで配布する。 
8.  平成22年度文部科学省就業力育成事業採択  2010年9月  学長プロジェクトの一員として「就業力を自己開発する実践キャリア教育」の企画作成を行い(企画責任者、中村久美子教授)、平成22年度文部科学省就業力育成事業に採択される。 
9.  キャリア実践ゼミ(編集出版)  2010年12月  「就業力を自己開発する実践キャリア教育」プラン中の、キャリア実践ゼミの試行を兼ね、地元フリーペーパー編集部の協力を得て、学生に企画編集を実践させる。学生の企画の記事は採用され、取材にも参加、正月号の雑誌『p-side』に掲載された。 
10.  フレッシュマンセミナー エクスカーション  2011年4月から  人間文化学科では2008年より、4月に1年次生向けに行うフレッシュマンセミナーで、午後に京都を散策するエクスカーションを行っている。2011年度より各教員が、2年次生以上を指導して、1年次生を案内する準備活動を行うことにした。 
11.  フィールドワーク写真展示  2011年11月  大学周辺の地誌を研究する自主研究会「北山探検隊」第1回フィールドワーク実施報告を写真を中心に構成、学内に展示した。 
12.  フィールドワーク  2011年12月  ノートルダム修道女会修道院を中心に京都のキリスト教史蹟を取材する。過去2回(2009年、2010年実施)と合わせ、ブックレット『京のキリスト教』にまとめる。 
13.  フィールドワーク  2012年3月  建築家竹田五一の関わる建築物を中心に、三条近辺の町の成り立ちを調査するフィールドワークに参加。 
14.  フィールドワーク写真展示  2012年4月  大学周辺の地誌を研究する自主研究会「北山探検隊」第2回フィールドワーク実施報告を写真を中心に構成、学内に展示した。 
15.  フィールドワーク  2012年12月  松ヶ崎・北山近辺および鞍馬寺・貴船神社のフィールドワークに参加し、ブックレット『京都洛北祈りの十字路を歩く』にまとめる。 
16.  フィールドワーク自主研究会(北山探検隊)  2012年12月  『京都新聞』夕刊「@キャンパス」(2012年12月19日)に、フィールドワーク自主研究会「北山探検隊」活動紹介記事を参加学生が作成する。 
17.  キャリア形成ゼミ(編集倶楽部)  2013年1月  2012年5月より、本作り・編集を学び実践するキャリア実践ゼミ「編集倶楽部」を開講、2013年1月に冊子「ふらぬーる 2千円で巡る京都」を作成する。学生が一日で遣う小遣いの範囲で散策できる京都案内冊子を作る企画である。 
18.  キャリア形成ゼミ(編集倶楽部)  2014年1月  2013年6月より、本作り・編集を学び実践するキャリア実践ゼミ「編集倶楽部」で、学生向け冊子「VALI」の作成を指導、2014年1月に完成する。 
19.  専門演習  2014年12月  京のアジェンダフォーラム21事務局の協力の下、季刊誌「京あじぇんだ2014年冬第19号」に、3年次ゼミの学生を指導し、「行って見て 京都の魅力再発見!〜歴史の流れから紐解いて〜」記事を作成、掲載した。 
20.  キャリア形成ゼミ(編集倶楽部)  2015年1月  2013年6月より、本作り・編集を学び実践するキャリア実践ゼミ「編集倶楽部」で、学生向け冊子「Notredame girl's style」の作成を指導、2014年1月に完成する。 
21.  専門演習  2015年3月  京のアジェンダフォーラム21事務局の協力の下、季刊誌「京あじぇんだ2015年春第20号」に、3年次ゼミの学生を指導し、「行って見て 京都の魅力再発見!歩くまち京都アプリ「バス・鉄道の達人」、バス1日乗車券を使用して京都を巡りました」記事を作成、掲載した。 
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  京の町歩き 東山山麓フィールドワーク 〈「文化の航跡」ブックレット1〉  共著  2010年3月  「文化の航跡」刊行会  服部昭郎 岡村敬二  28〜32頁、85〜88頁 
2)  詩の本 〈「文化の航跡」ブックレット2〉  単著  2010年3月  「文化の航跡」刊行会    全40頁 
3)  中原中也の時代  単著  2011年3月  笠間書院    全384頁 
4)  京のキリスト教〈「文化の航跡」ブックレット6〉  共著  2012年3月  「文化の航跡」刊行会  蒔苗暢夫 中村久美 服部昭郎 岡村敬二 中里郁子  7〜53頁、268〜274頁 
5)  比較古都論〈「文化の航跡」ブックレット8〉  共著  2013年3月  「文化の航跡」刊行会  服部昭郎 吉田朋子  100〜137頁 
6)  京都洛北祈りの十字路を歩く〈「文化の航跡」ブックレット9〉  共著  2013年3月  「文化の航跡」刊行会  岡村敬二 服部昭郎  80〜99頁 
(2)論文          
1)  芥川龍之介「寒さ」の空間  単著  2008年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要第38号    132〜144頁 
2)  国語教育と受験テクニック  単著  2008年7月  教育のプリズム ノートルダム教育第7号    43〜57頁 
3)  中原中也「芸術論覚え書き」について  単著  2009年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要39号    102〜118頁 
4)  反復と逸脱 ―夏目漱石「三四郎」の叙法  単著  2010年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要40号    94〜108頁 
5)  読むことの環境  単著  2011年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要41号    123〜136頁 
6)  詩人の言語論の可能性 ―中原中也の詩論―   単著  2011年3月  言語文化研究1号    66〜77頁 
7)  朗読と読解  単著  2012年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要42号    173〜184頁 
8)  中原中也の『四季』 ―「近時詩壇寸感」の詩壇観  単著  2012年12月  四季派学会    17〜45頁 
9)  映画のことば  単著  2012年3月  言語文化研究2号    32〜50頁 
10)  映画化された『プリンセストヨトミ』 ―映像が変える物語  単著  2013年3月  言語文化研究3号    60〜80頁 
11)  『細雪』の京都  単著  2013年3月  比較古都論〈「文化の航跡」ブックレット8〉    100〜137頁 
12)  河井醉茗と象徴主義―象徴主義の普及に関わる役割と位置  単著  2014年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要44号    101〜112頁 
13)  詩人の読み方  単著  2014年3月  言語文化研究4号    19〜28頁 
14)  川路柳虹と象徴主義・自然主義・印象主義・頽唐派  単著  2015年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要45号    99〜110頁 
15)  昭和初期の書物装丁を支えた美意識 ―円本・限定本・商業医術―  単著  2016年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要46号     67〜78頁 
16)  春山行夫と純粋詩  単著  2017年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要47号    78〜90頁 
17)  小説の読解とアクティブラーニング ―太宰治「走れメロス」を読む―  単著  2017年3月  言語文化研究5号    4〜23頁 
(3)その他          
1)  中原中也 詩を生み出す環境と都市  単独  2008年3月  1930年代における大衆消費社会の生成とメディアをめぐって第6回研究会(日本学術振興会科学研究費補助金による研究活動)     
2)  やつす都市 −谷崎潤一郎の関東と関西  単独  2008年11月  京都ノートルダム女子大学人間文化学科・人間文化専攻共催 第4回比較古都論     
3)  中等教育の読書支援の現状:国語科教育と図書館サービスの連携を探る  調査協力  2010年2月  京都ノートルダム女子大学研究プロジェクト報告会  岩崎れい   
4)  読書支援における図書館の役割に関する基礎的研究 〜国語科教育との連携を中心に〜  共同(分担)  2009年4月〜2012年3月  科学研究費補助金基盤研究(C)  岩崎れい(研究代表者)勝見健史(研究分担者)   
5)  大正・昭和期の「詩の本」について  単独  2011年2月  京都ノートルダム女子大学研究プロジェクト報告会     
6)  中原中也の詩心と形式  単独  2011年12月  平成23年度四季派学会冬季大会     
7)  中原中也の時代  単独  2012年2月  京都ノートルダム女子大学研究プロジェクト報告会     
8)  大正・昭和期において象徴主義の形成を果たした各種出版物の研究  単著  2012年4月〜2015年3月  科学研究費補助金基盤研究(C)  研究代表者   
9)  京都近代文学事典  共同(分担)  2013年5月  和泉書院  日本近代文学会関西支部京都近代文学事典編集委員会 編 (3項目執筆)   
10)  詩の本2  単著  2015年3月  京都ノートルダム女子大学人間文化学部人間文化学科     
11)  作家/作者とは何か テクスト・教室・サブカルチャー  共編著  2015年11月  和泉書院  日本近代文学会関西支部編   
12)  大正・昭和期において象徴主義の形成を果たした各種出版物の研究  単独  2016年2月17日  京都ノートルダム女子大学 科研費研究成果発表会2015      
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1987年4月〜現在に至る  日本近代文学会会員 
1992年4月〜現在に至る  日本文学協会会員 
1996年4月〜現在に至る  中原中也の会会員 
2008年4月〜現在に至る  初年次教育学会会員 
2011年3月〜現在に至る  昭和文学会会員 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他
2010年より  京都ノートルダム女子大学『言語文化研究』(学内研究会論集)編集 
2010年4月1日〜2014年3月31日  日本近代文学会関西支部運営委員 
2012年6月9日  日本近代文学会関西支部春季大会企画「科学と想像力」企画司会担当 
2013年10月27日  日本近代文学会関西支部秋季大会企画「拡張する〈作家/作者〉イメージと実証性のありか」企画司会担当 
2014年4月1日より  昭和文学会学会誌『昭和文学研究』編集委員