Warning: session_start() [function.session-start]: open(/var/tmp//sess_396e9138e84474060f0782c68d26fda5, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in /usr/home/gt102050/html/db/detail.php on line 30

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /usr/home/gt102050/html/db/detail.php:30) in /usr/home/gt102050/html/db/detail.php on line 30

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /usr/home/gt102050/html/db/detail.php:30) in /usr/home/gt102050/html/db/detail.php on line 30
教員データベース 閲覧システム

氏名 吉田 智子 (YOSHIDA Tomoko)
所属 徳と知教育センター 
人間文化研究科 人間文化専攻 
職名 教授 
主要学歴
1984年3月ノートルダム女子大学 文学部 英語英文学科卒業 
1998年3月立命館大学 大学院 社会学研究科 修士課程修了 
取得学位 修士(社会学) 
研究分野の概要 ネットを支えるプログラミング(特にオープンソース・ソフトウェア)に興味を持ち、教養として「プログラミング」を楽しく学ぶための学習環境、教材システムの開発を研究分野としています。 
キーワード ネットワークリテラシー教育、オープンソース、プログラミング教育 
主要職歴
1984年4月〜1991年10月オムロン株式会社 技術本部 中央研究所にて勤務 
1992年4月〜2000年3月情報技術関連の著述業・大学での非常勤講師などの講師業 
2000年4月〜2002年3月京都ノートルダム女子大学専任講師 
2002年4月〜2010年3月京都ノートルダム女子大学助教授 
2007年4月〜京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科(兼任) 
2010年4月〜京都ノートルダム女子大学教授 
2012年4月〜2013年3月 京都ノートルダム女子大学 人間文化学科 学科長 
2013年4月〜2014年3月京都ノートルダム女子大学 人間文化学部 学部長 
学内活動 図書館情報センター委員、情報処理士資格課程責任者、ウェブデザイン実務士資格課程責任者、学科の財務担当、学科のブログ担当、学科のホームページ学内アクセス専用ページ担当

 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:「情報処理」、「基礎演習」、「インターネット社会論」、「情報科学応用」、「ウェブデザインI」、「発展演習」、「専門演習I」、「専門演習II」、「卒業研究」 「情報演習I」の統括、「情報演習II」の統括
大学院:「文化学研究実践論」、「オープンソース特論」、「インターネット文化論演習」、「インターネット文化論特別演習」 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
1)  「情報科学概論」の授業内容について、雑誌で発表  2005年2月  情報処理士科目として、2004年度に開講した「情報科学概論」の授業内容について、「UNIX USER」という月刊誌に「コンピュータと心」というタイトルで、報告した。 
2)  学校法人ノートルダム女学院発行の「教育のプリズム」に、“本学における情報教育の現状と将来展望”を執筆  2006年5月  学校法人ノートルダム女学院発行の「教育のプリズム」に、“本学における情報教育の現状と将来展望 〜コンピューターセンター誕生からの流れをふまえた上で今後を提案する”と題する文章を書き、本学における情報教育の概要と今後の方向性を示した。 
3)  本学のLinux関連授業に関して、本学の授業環境の公開も含めて発表  2006年6月24日  京都ノートルダム女子大学のユニソン会館を会場に、Linuxコンソーシアム主催のセミナーを開催した。その際に、本学のLinux関連授業に関して、講演時およびパネルディスカッションでのパネラーとしての発表時に詳しく報告した。それと同時に、本学のコンピュータ教育環境の見学会も実施し、WindowsとLinuxを切り替えて使えるようになっている、優れた教育環境について参加者(約100名)にアピールした。 
4)  本学のLinux関連授業に関して発表  2008年3月1日  日本Linux協会(JLA)主催の「JLA3月セミナー」にて、“オープンソースの適材適所”と題する講演をした際に、本学でのLinux関連の授業実践について発表した。 
5)  本学において、オープンソースを教育にいかに活用しているかを発表  2010年6月28日  京都ノートルダム女子大学ガイスラーホールにて開催した、OSS Researchers Workshop において、本学のコンピュータ教育環境の見学会も実施し、WindowsとLinuxを切り替えて使えるようになっていたり、オープンソースのソフトウェアを活用したりできる教育環境について紹介した。 
6)  本学のパズルや手芸を使って学ぶプログラミング教育に関して発表  2016年6月11日  人間文化学科の公開講座「わかる・たのしい・おもしろい! 心を育てる教育とは? —パズルや手芸を使って学ぶプログラミングと数学—」のコーディネータとして、「パズルや手芸を使った本学の情報教育」と題して紹介した。  
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  『電子書籍版 ホップ!ステップ!Linux!』(1999年に発行した書籍の電子版)  共著  2003年12月  翔泳社  ◎吉田智子、堀井友美、八田万美、片桐麻里子、柳田恵  340頁 
2)  『らくらくUNIX』  監修  2004年8月  技術評論社  堀居ひとみ著、吉田智子監修  1〜302頁 
3)  『情報とコンピューティング』 3章「アルゴリズムとプログラミング」  共著  2004年10月  オーム社  富樫敦、中西通雄、松浦敏雄、山口和紀、山下和之、吉田智子、和田勉  88〜108頁 
4)  『新・インターネット講座』序章・11章・3章・4章 各種コラム  共著  2005年1月  北大路書房  有賀妙子、吉田智子  1〜22頁、47〜70頁、96頁、140〜141頁、155〜156頁、193頁 
5)  『文化の航跡―創造と伝播―』あるソフトからみたオープンソース文化の考察〜Wnn誕生から二十年の歩み〜  共著  2005年4月  思文閣出版  京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科人間文化専攻編(相良憲昭、五十嵐節子、小川光、鳥居本幸代、上杉省和、服部昭郎、鷲見朗子、野田四郎、朱鳳、岡村敬二、岩崎れい、吉田智子)  221〜246頁 
6)  『オープンソースの逆襲』  単著  2007年9月  出版文化社    264頁 
7)  "Course Design and Teaching Materials for Network Literacy"   共著  2010  "Peer-to-Peer Networks and Internet Policies"(Nova Science Publishers, Inc)  Taeko Ariga, Tomoko Yoshida  Chapter 5, pp.135-158(24 pages) 
8)  『改訂新版 インターネット講座』  共著  2014年2月  北大路書房  有賀妙子、吉田智子、大谷俊郎  1〜79頁、191〜192頁、206〜207頁、217〜218頁 
9)  『かわいい作品制作とプログラミングの出会いから広がる学びの世界』ISSN-2423-8716  共著:筆頭  2016年3月  「文化の航跡」刊行会  吉田智子、中村亮太  1〜166頁、171〜196頁、 
(2)論文          
1)  ネットワークリテラシー教育の授業設計と教材開発  共著  2003年10月  日本教育工学会論文誌 Vol.27 No.2(2003)  有賀妙子、吉田智子  181〜190頁 
2)  オープンソース・ムーブメント〜循環型社会におけるソースが公開された無料のソフトウェアの存在意義〜  単著  2004年5月  京都ノートルダム女学院 教育のプリズム:ノートルダム教育第3号    112〜129頁 
4)  昔ながらのUNIX文化がオープンソースビジネスに発展した理由  単著  2005年3月  『UNIX USER 2005. 3月号』掲載、ソフトバンクパブリッシング    101〜108頁 
5)  本学における情報教育の現状と将来展望〜コンピューターセンター誕生からの流れをふまえた上で今後を提案する〜  単著  2006年5月  ノートルダム女学院『教育のプリズム:ノートルダム教育』第5号    73〜119頁 
6)  オープンソースがNPOにもたらす可能性〜コミュニケーション拡大のために検討を〜  単著  2007年11月  「NPOジャーナル Vol.19、Autumn 2007(2007年11月20日発行)」    42〜45頁 
7)  "PEN: A Programming Environment for Novices --- Its Overview and Practical Lessons ---"  共著  2008年6月  ED-MEDIA 2008-06   Tomohiro Nishida, Akira Harada, Tomoko Yoshida, Ryota Nakamura, Michio Nakanishi, Hirotoshi Toyoda, Kota Abe, Hayato Ishibashi, Toshio Matsuura   pp.4755-4760  
8)  文系学部の情報教育へのプログラミングの導入〜PENを用いた実践例〜  単著  2008年7月  情報処理学会 コンピュータと教育研究部会 研究報告(2008-CE-95)    71〜78頁 
9)  教育分野でのオープンソース活用の意義  単著  2008年10月  技術評論社 「Software Design」 2008.10月号     108〜113頁 
10)  "Free and Open Source Software for Information Education in Japan: Practices at Kyoto Notre Dame University"  単著  2010年6月  OSS Researchers Workshop 2010-06 Proceeding      
11)  文系学部におけるPENを用いたプログラミング授業の実践例 〜繰り返し処理の理解を助ける教材の提案〜   共著  2011年3月  情報処理学会 コンピュータと教育研究部会 研究報告(2011-CE-109)  松本このみ、吉田智子  1-7頁 
12)  「プログラムによる計測・制御」を学ぶための学習環境の開発  共著  2014年  大阪市立大学大学院創造都市研究科都市情報学専攻電子紀要 11巻1号  山口直希、中村亮太、松浦敏雄、吉田智子  27〜34頁 
13)  「プログラミングによる計測と制御」を学ぶための学習環境の開発と教育実践 〜LilyPad Arduino シミュレータ機能付 PEN を利用して〜」  共著:筆頭  2015年2月  情報処理学会 コンピュータと教育研究部会 研究報告(2015-CE-128)  吉田智子、中村亮太、松浦敏雄  1-10頁 
14)  Development and Use of a Programming Environment for Learning the Mechanism of Measurement and Control by Programs  共著:筆頭  2015年9月  Computer Engineering, and Education Technologies (CSCEET2015)  Tomoko Yoshida , Toshiyuki Kamada, Ryota Nakamura and Toshio Matsuura  32-40 
15)  LilyPad Arduinoシミュレータ機能付PENを利用した教育実践の報告  共著  2016年3月  情報処理学会 コンピュータと教育研究部会 研究報告(2016-CE-134)  中村亮太、吉田智子、松浦敏雄  1-6頁 
(3)その他          
1)  ネット利用に免許制導入を〜安易な接触、未熟な心に傷〜  単著  2007年11月5日  京都新聞 文化欄「フォーラム京」シリーズ    13面 
2)  「インターネットの文化と情報科教育への活用 〜中高生にも伝えていただきたいオープンソース文化〜」  単著  2010年3月31日  京都府私立中学高等学校情報科研究会2009年度活動記録集    8-16頁  
3)  手芸を取り入れた「プログラムによる計測と制御」を学ぶコースウェア  共著:筆頭  2014年8月9日  2014 PCカンファレンス、パネル発表および、論文集  吉田智子、山口直希、中村亮太、松浦敏雄、中西通雄  38-41頁 
4)  プログラミングによる計測と制御を学ぶためのLilyPad Arduino シミュレータと学習環境の開発  共著  2015年3月17日  情報処理学会 第77回 全国大会 3H-01  中村亮太、吉田智子、松浦敏雄   4-565〜4-566頁  
5)  文系学生を中心としたLilyPad研究会活動報告 〜手芸活用プログラミング勉強会〜   共著:筆頭  2015年8月21日  2015 PCカンファレンス、パネル発表および、論文集  吉田智子、中村亮太、松浦敏雄、中西通雄  23-26頁 
6)  「手芸制作を通して楽しくプログラミング学習 ─ LilyPad Arduino でかわいくマイコン制御─」   単著  2016年9月15日  情報処理学会誌「情報処理」 2016年10月号    1024-1027頁 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1996年〜2011年  情報通信学会 
1997年〜現在に至る  情報処理学会 
(2)公的機関の役職等
1999年4月〜2001年4月  日本Linux協会 副会長 
2010年4月〜2011年3月  2010年度島根大学法文学部山陰研究プロジェクト「オープンソース・ソフトウェアの安定化とビジネスモデルの構築に関する研究」客員研究員 
2011年4月〜2012年3月  2011年度 島根大学法文学部 山陰研究プロジェクト「産官学連携による開発コミュニティを中心としたオープンソース・ソフトウェアの先端的研究体制の構築」客員研究員 
2011年7月〜2016年7月  京都における「オープンソースカンファレンス実行委員会」の実行委員長 
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
2006年6月24日  Linuxコンソーシアム主催の「産学共演、学生のためのLinuxセミナーin京都」での講演およびパネルディスカッションのパネラーを担当。京都ノートルダム女子大学のユニソン会館で実施。会場準備および当日の運営を担当。 
2007年7月21日  京都にて開催の「オープンソースカンファレンス in 関西」にて、“オープンソースと社会”と題する講演。会場は、京都コンピュータ学院。  
2007年9月14日  「ひょうごNPO情報通信技術支援ネットワーク」主催のセミナーにて、“オープンソース導入の前に知っておくとよいこと”と題する講演。 会場は、六甲道勤労市民センター。  
2008年3月1日  日本Linux協会(JLA)主催の「JLA3月セミナー」にて、“オープンソースの適材適所”と題する講演。日本電子専門学校(新宿区)で実施。 
2008年6月6日  島根大学の「オープンソースと地域振興」という授業のリレー講義の講師として、90分の授業を実施。 
2008年6月6日  しまねオープンソースラボ第29回講演会にて、「教育分野でのオープンソース活用の意義」と題する講義を実施。 
2008年7月7日  香川大学を会場に、情報処理学会 四国支部の講演会「オープンソースの教育利用の意義」と題するの講演会を実施。 
2008年7月18日  京都にて開催の「オープンソース・カンファレンス」にて、「オープンソースに魅せられた2人の対決?! 瀧田佐登子、よしだともこ、オープンソースを語る」と題する講演。会場は、京都コンピュータ学院の500名定員の大ホールで。 
2008年9月12日  島根県松江市で開催された、オープンソースカンファレンス2008(OSC2008島根)にて、「オープンソースと教育を考える」と題したセッションに登壇。教育へのオープンソース・ソフトウエア活用の取り組みについて、ディスカッションを行った。 
2008年9月14日  第6回市民メディア全国交流集会・京都メディフェス(会場:元立誠小学校)にて、「ネット・メディアとオープンソースは刺激しあって今後も発展するのか?」と題する講演。 
2009年5月16日  島根県松江市で開催された、オープンソースカンファレンス2009(OSC2009島根)にて、再び「オープンソースと教育を考える」と題したセッションに登壇。パネラーからの発言をまとめる司会役を担当。 
2009年7月6日  平成21年度私立中学高等学校情報科研究会 で、「インターネットの文化と情報科教育への活用〜中高生にも伝えていただきたいオープンソース文化〜」と題する講演を実施(同志社高等学校メディアセンターにて)。 
2011年7月16日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「OSCを動かしている学生スタッフとオープンソース関連のコミュニティ活動の魅力」に関する45分間のトークショーの司会を担当した。会場は、京都リサーチパークのホールにて。 
2012年8月3日、4日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「オープンソース入門塾」と題する展示を主催した。会場は、京都リサーチパークの1号館4Fにて。 
2013年8月2日、3日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題する展示を主催した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2014年8月1日、2日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題する展示を主催した。マイコン(LilyPad Arduino)を組み込んだ「エプロンコンピュータ」を学生と共に展示、発表した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2015年3月14日  IWD 2015 - Women Techmakers by GDG Kyotoにて、「LilyPad 研究会の活動を紹介します! 〜分野を超えてのものづくり(手芸+プログラミング)〜 」(英語タイトル:LilyPad Study Group Activities! Interdisciplinary Making: Handicrafts and Programming)と題する招待講演を実施。 
2015年8月7日、8日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題して、マイコン(LilyPad Arduino)を組み込んだ各種の作品を、「LilyPad研究会(京都ノートルダム女子大学)」のブースと、「OSC京都ローカルスタッフ有志」のブースで、学生と共に展示した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2015年9月8日  "Interdisciplinary Making: Handicrafts and Programming, LilyPad Study Group Activities!,"The 4th WCET(World Congress on Computing, Engineering and Technology) Keynote Speech(2015-09).【招待講演】Kuala Lumpur, Malaysia.  
2016年6月11日  人間文化学科の公開講座「わかる・たのしい・おもしろい! 心を育てる教育とは? —パズルや手芸を使って学ぶプログラミングと数学—」のコーディネータに加えて、「パズルや手芸を使った本学の情報教育」と題してスピーチ。本学の大講義室にて。 
2016年7月29,30日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題して、マイコン(LilyPad Arduino)を組み込んだ各種の作品を、「LilyPad研究会(京都ノートルダム女子大学)」のブースと、「BitsGirls」のブースで、学生と共に展示した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2016年7月30日  「OSCアワード受賞記念プレゼンテーション」を、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」の会場にて。会場は、京都リサーチパークのサイエンスホール。 
(5)その他

Warning: Unknown: open(/var/tmp//sess_396e9138e84474060f0782c68d26fda5, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct () in Unknown on line 0