氏名 廣瀬 直哉 (HIROSE Naoya)
所属 心理学部 心理学科 現代心理専攻 
心理学研究科 
職名 教授 
主要学歴
1991年3月京都大学教育学部教育心理学科卒業 
1995年3月京都大学大学院教育学研究科修士課程教育方法学専攻修了 
2001年3月京都大学大学院教育学研究科博士後期課程教育方法学専攻単位取得満期退学 
取得学位 修士(教育学) 
研究分野の概要 日常的活動における行為の組織化とスリップ
道具使用の身体化とアフォーダンス知覚 
キーワード 生態心理学, アフォーダンス, 行為エラー, スリップ 
主要職歴
2001年3月〜2002年3月京都大学大学院教育学研究科研修員 
2002年4月〜2005年3月椙山女学園大学人間関係学部専任講師 
2005年4月〜2006年3月椙山女学園大学人間関係学部助教授 
2006年4月〜2013年3月京都ノートルダム女子大学心理学部心理学科助教授(現 准教授) 
2006年3月〜2013年3月京都ノートルダム女子大学大学院心理学研究科助教授(現 准教授)(兼任) 
2013年4月〜京都ノートルダム女子大学心理学部心理学科教授 
2013年4月〜京都ノートルダム女子大学大学院心理学研究科教授(兼任) 
学内活動 入学試験委員会(委員長), サークル京炎そでふれ!輪舞曲顧問 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:心理学概論(心と社会)、暮らしの統計学、生活環境の心理学、初級実験実習機Ν供⊃翰学演習I・II、中級実験実習
大学院:行動科学特論、学校心理学特論I、発達・学校心理学専門演習I・II 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
教育方法の工夫  2003年〜現在に至る  授業資料をWeb上で公開し、それを参照しながら授業を受けるように求めている(心理学概論等)。 
教育内容の工夫  2006年〜現在に至る  学生自身が積極的に授業に関与することで動機づけが高められるように、授業運営を学生自らが主体となって行うようにしている(心理学演習I、行動科学特論)。 
学生による授業評価の活用  2011年〜現在に至る  学生による授業評価アンケートの結果に基づき、授業改善に取り組んでいる。また、アンケート結果を学生が閲覧できるよう公開している。 
授業外学習を促進する取り組み  2013年〜現在に至る  CMS(Sakai, Moodle)を活用した授業を行い、学生が授業外の時間に課題学習に取り組むことを促している(情報学、生活環境の心理学、暮らしの統計学)。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
The implications of embodiment: Cognition and communication.  共著  2011年5月  Imprint Academic  W. Tschacher & C. Bergomi (Eds.)・N. Hirose  231-252 (Affordances, effectivities, and extension of the body.) 
(2)論文          
Process of adaptation to perceiving new action capabilities.(査読付)  共著:筆頭  2001年1月  Ecological Psychology(Vol.13, No.1)  N. Hirose & A. Nishio  49-69 
An ecological approach to embodiment and cognition.(査読付)  単著  2002年10月  Cognitive Systems Research(Vol.3, No.3)    289-299 
スムーズでない行為の流れを記述する試み―マイクロスリップの分類―(査読付)  単著  2004年1月  生態心理学研究(Vol.1, No.1)    19-24 
マイクロスリップに関する研究の動向(査読付)  単著  2015年4月  生態心理学研究(Vol.8, No.1)    49−61 
持続可能な郊外住宅地居住のための“地域に関わって住む”住み方に関する研究(査読付)  共著  2015年5月  日本建築学会計画系論文集(Vol.80, No.711)  中村久美・田中みさ子・廣瀬直哉  1085-1094 
まちづくり計画策定住宅地における住民の生活態度・意識―持続可能な郊外住宅地居住のための“地域に関わって住む”住み方に関する研究その2―(査読付)  共著  2016年7月  日本建築学会計画系論文集(Vol.81, No.725  中村久美・廣瀬直哉・田中みさ子  1433-1442 
(3)その他          
筋感覚の物理学と心理学―Claudia Carello教授講演―   単訳  2005年5月  生態心理学研究(Vol.2, No.1)    57−67 
Effects of task and individual characteristics on microslips of action.  単独  2005年7月  Studies in perception and action VIII. Lawrence Erlbaum Associates.  H. Heft and K. L. Marsh (Eds.)・N. Hirose  199-202 
Towards a new taxonomy of microslips.  単独  2007年7月  Studies in perception and action IX. Lawrence Erlbaum Associates  S. Cummins-Sebree, M. Riley, & K. Shockley (Eds.)・N.Hirose  91-94 
イントロダクション―マイクロスリップの起源とわが国での展開―  単著  2009年1月  生態心理学研究(Vol.4, No.1)    3-5 
Observation of action slips in a young child.  単独  2009年7月  Studies in Perception and Action X. Psychology Press  J. Wagman & C. Pagano (Eds.)・N. Hirose  15-18 
Action disfluencies while having lunch.  単独  2011年7月  Poster presented at 16th International Conference on Perception and Action, Ouro Preto, MG, Brazil.     
Longitudinal observation of action slips: A case study of a young child.   単独  2012年8月  Poster presented at 34th annual meeting of the Cognitive Science Society, Sapporo, Japan.     
マイクロスリップにおける行為の非流暢性と修復パタン  単著  2013年4月  生態心理学研究(Vol.6, No.1)    77-78 
Strategy choice affects action disfluencies in a simple manipulative task.  単独  2013年7月  Poster presented at 17th International Conference on Perception and Action, Estoril, Portugal.     
10  Conversation while eating induces action disfluencies.  単独  2016年7月  Poster presented at 31st International Conference of Psychology, Yokohama, Japan.     
11  マイクロスリップとアクションスリップ: 記述とタイプ  単著  2016年9月  生態心理学研究(Vol.9, No.1)    61-64 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1991年4月〜現在に至る  日本心理学会会員 
1991年4月〜現在に至る  日本認知科学会会員 
1996年1月〜現在に至る  International Society for Ecological Psychology会員  
2004年1月〜現在に至る  日本認知心理学会会員 
2004年1月〜現在に至る  日本生態心理学会会員(2004年8月〜現在に至る、理事) 
2004年1月〜現在に至る  生態心理学研究編集委員 
2013年11月〜現在に至る  認定心理士資格認定委員会委員 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
2013年5月〜現在に至る  NPO法人ratik理事 
(4)講演講師等
2008年12月  京都市立西院幼稚園PTA講演 「子どものやる気を引き出すには」 
2009年5月  京都市立西院幼稚園PTA講演 「大人のやる気を引き出す動機づけ」 
2009年12月  京都ノートルダム女子大学心理学部主催公開講座「なぜ人はだまされるのか?」 
2011年6月  学びフォーラム2011(滋賀) 「あなたが心理学を学ぶべき3つの理由」 
2011年6月  尼崎市中央市民大学「だます人とだまされる人(嘘とだましの心理学)」 
2012年2月  自動車技術会ヒューマンファクター部門委員会「ヒューマンエラー研究におけるマイクロスリップの意義」 
2012年6月  夢ナビライブ2012大阪 「人間の行動を観察してみよう!」 
2013年6月  夢ナビライブ2013京都 「iPhoneは私の一部? 人と道具の心理学」 
2013年10月  学びフォーラム2013(京都) 「あなたが心理学を学ぶべき理由」 
2014年6月  夢ナビライブ2014大阪 「人の行動観察から見えてくる心理とは!」 
2015年6月  夢ナビライブ2015大阪 「失敗からわかる心のメカニズム」 
(5)その他
2009年4月〜現在に至る  京都市立西院幼稚園学校運営協議会委員