氏名 松島 るみ (MATSUSHIMA Rumi)  
所属 心理学部 心理学科 現代心理専攻 
心理学研究科 
職名 教授 
主要学歴
1993年3月ノートルダム女学院高等学校卒業 
1997年3月ノートルダム女子大学文学部英語英文学科卒業 
1999年3月滋賀大学大学院教育学研究科学校教育学専攻 学校教育専修修了(教育学修士) 
2002年3月兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)修了 博士(学校教育学)博甲第36号 
取得学位 博士(学校教育学) 
研究分野の概要 大学生の学習意欲と大学適応について 
キーワード 教育心理学,青年心理学 
主要職歴
2002年4月〜2005年3月京都ノートルダム女子大学人間文化学部専任講師 
2004年4月〜2005年3月京都ノートルダム女子大学人間文化研究科専任講師 
2005年4月〜2006年3月京都ノートルダム女子大学心理学部専任講師 
2005年4月〜京都ノートルダム女子大学心理学研究科准教授(兼任) 
2006年4月〜2007年3月京都ノートルダム女子大学心理学部助教授 
2007年4月〜2015年3月京都ノートルダム女子大学心理学部准教授 
2007年4月〜2016年3月京都ノートルダム女子大学心理学部准教授 
2016年4月〜京都ノートルダム女子大学心理学部教授 
2016年4月〜京都ノートルダム女子大学心理学研究科教授(兼任) 
学内活動 室内管弦楽部顧問
研究倫理審査委員会委員
教務委員 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:心理学基礎演習供⊇薺藜存骸遜機⊇薺藜存骸遜供学校教育の心理学、現代社会調査入門、推測統計学機⊃簑統計学供⊃翰・教育フィールド研修b、中級実験実習、心理学情報処理A、心理学情報処理B、心理学演習I、心理学演習II、卒業研究
大学院:教育・心理検査特論、社会調査演習、発達・学校心理学専門演習I、発達・学校心理学専門演習II、発達・学校心理学専門演習掘発達・学校心理学専門演習検特別研究、心理学特殊研究D(教育評価)、心理学特殊演習I、心理学特殊演習II 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
1.教育内容の工夫  2003年4月〜現在  概論の授業を中心に、毎回授業後、今後の授業に生かすため、学生に授業に対する質問及び意見の記述を求めている。記述内容については、次回以降の授業において補足説明を行ったり、授業計画の修正や授業の改善などに役立てている。 
2.教育方法の実践例  形成的評価の導入とフィードバック  2003年4月〜現在  大学の授業に関する調査において、様々な形におけるフィードバックの重要性が多く指摘されているため、レポートや課題など、学生の提出物については、出来る限り速やかに添削・返却することを心がけている。 また,統計学関連の授業においては、小テストを多く取り入れ、形成的評価を常に行うことを心がけている。また小テストは直ちに採点を行い、返却と解説を行うようにしている。  
3.教育方法の実践例  授業における教員採用試験・保育士試験の活用  2003年4月〜現在  教育心理学系授業において,授業の前後に教員採用試験(教職教養),保育士試験の過去問題を活用し,受講生に資格試験に対する関心や動機づけを高められるよう努めている。 
4.教育方法の実践例  事前学習(予習活動)の積極的活用  2015年9月〜現在  概論の授業において、授業内容の理解を促進するため、予習を義務づけている。また、予習内容と授業の内容を照らし合わせた振り返りについて、毎授業の提出を求め、添削の上返却を行うようにしている。さらに,予習活動の効果を測定し,その結果に基づき,次年度以降の予習課題・予習を活用した授業を見直すよう努めている。 
5.教育方法の実践例  授業前の先行オーガナイザー提示と授業の振り返り  2015年9月〜現在  概論の授業において、毎回授業前、授業内容に関する複数の問いを提示し、授業後にその問いの回答を求めることによって、授業における精緻化や体制化などの学習方略が促進されるように努めている。 
6.学生による授業評価の活用  2003年4月〜現在  全学的な授業評価と、常々行っている学生からの振り返り用紙を併用し、授業改善を図っている。具体的には、受講者の多い講義形式の授業については、演習形式の授業と比較して平均点がやや低い傾向にあったため、主に教材の提示方法を工夫する等、学生の意見を取り入れながら改善を行った。一方、演習形式の授業に関しては、TAの補助もあり、質問を行いやすい環境を作ることが出来たため全体的に高い評価が得られた。今後も引き続き授業の充実を図っていく必要があると考えている。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  『授業力を磨く―内面性を重視した学習指導―』学習意欲を育てる教育のために―他者との相互作用から児童・生徒の動機づけを考える  共著  2006年2月  教育フォーラム37 金子書房  人間教育研究協議会編  105〜114頁 
(2)論文          
5)  小学生の学習意欲と学習行動の関連  共著:筆頭  2006年3月  京都ノートルダム女子大学紀要第36号  ◎松島るみ、尾崎仁美  13〜26頁 
6)  小学生の無気力感と学校・家庭における適応感との関連  共著  2006年3月  京都ノートルダム女子大学紀要第36号  ◎尾崎仁美、松島るみ  27〜38頁 
7)  大学進学動機による学習意欲・授業選択態度・重視活動の変化について  共著:筆頭  2006年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第5号  ◎松島るみ、尾崎仁美  13〜24頁 
8)  大学生の授業意欲の変化とその要因  共著  2006年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第5号  ◎尾崎仁美、松島るみ  63〜74頁 
9)  大学進学動機による学習意欲・授業選択態度・重視活動の変化について―2年間の縦断的調査より―  共著:筆頭  2007年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第6号  ◎松島るみ、尾崎仁美  1〜14頁 
10)  学習意欲・授業選択態度・大学適応感の変遷について―3年間の縦断調査結果より―  共著:筆頭  2008年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第7号  ◎松島るみ、尾崎仁美  39〜48頁 
11)  卒業時における大学満足度を規定する諸要因の検討  共著:筆頭  2009年3月  京都ノートルダム女子大学紀要第39号   ◎松島るみ、尾崎仁美  31〜48頁 
12)  大学授業観と大学適応感、学習意欲、学業的自己疎外感との関連:大学授業観尺度の作成と大学授業観タイプによる検討   共著  2009年3月  京都ノートルダム女子大学紀要第39号  ◎尾崎仁美、松島るみ  1〜16頁 
13)  大学生における学習意欲の変化を規定する要因−横断的・縦断的方法による検討−  共著:筆頭  2009年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科紀要プシュケー第8号  ◎松島るみ、尾崎仁美  13〜34頁 
14)  大学授業観が学習意欲・大学満足感に及ぼす影響−リアリティショックを媒介として−  共著:筆頭  2012年3月  京都ノートルダム女子大学紀要第42号  ◎松島るみ、尾崎仁美  105〜118頁 
15)  大学生における学習意欲の変化とその関連要因−1年生を対象にした縦断的調査より−  共著  2012年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第11号  ◎尾崎仁美、松島るみ  29〜40頁 
16)  大学生のアイデンティティとその関連要因  共著:筆頭  2013年3月  京都ノートルダム女子大学紀要第42号  ◎松島るみ、尾崎仁美  1〜13頁 
17)  The Relationship between Situational Change and Selectiveness in Friendships for Adjustment to the University (査読付き)  単著  2013年10月  International Journal of Adolescent and Youth  Rumi Matsushima  DOI:10.1080/02673843.2013.844179 
18)  心理・教育フィールド研修b(現代心理専攻)の 実践報告(2014年度)および今後の課題  共著:筆頭  2015年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第14号  ◎松島るみ,尾崎仁美  43〜53頁 
19)  Relationships between Identity Achievement and Academic Motivation (査読付き)  共著:筆頭  2015年7月  Psychological Reports vol.117  ◎Rumi Matsushima & Hitomi Ozaki  217〜229頁 
20)  心理・教育フィールド研修b(現代心理専攻)の 実践報告(2015年度)および今後の課題  共著:筆頭  2016年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第15号  ◎松島るみ,尾崎仁美  57〜68頁 
21)  心理・教育フィールド研修b(現代心理専攻)の 実践報告(2016年度)および今後の課題  共著:筆頭  2017年3月  京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科研究誌プシュケー第15号  ◎松島るみ,尾崎仁美  37〜51頁 
(3)その他          
学会発表論文           
7)  大学進学動機による学習意欲・授業選択態度・重視活動の変化について  共同  2006年3月  日本発達心理学会第17回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  703頁 
8)  大学進学動機による学習意欲・授業選択態度・重視活動の変化について⑵  共同  2006年11月  日本心理学会第70回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  1265頁 
9)  大学生の心理統計教育に対する意識について  単独  2007年9月  日本心理学会第71回大会発表論文集    1167頁 
10)  学習意欲・授業選択態度・大学適応感の変遷について   共同  2008年10月  日本教育心理学会第50回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  474頁 
11)  大学生における学習意欲の変化を規定する要因−横断的・縦断的方法による検討−  共同  2009年9月  日本教育心理学会第51回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  160頁 
12)  Factors Influencing the University Students' Motivation for Learning: A Cross-sectional and Longitudinal Analysis of First year to Third year Japanese University Students.  共同  2010年7月  poster presented at the 27th International Congress of Applied Psychology  ◎Rumi Matsushima,Hitomi Ozaki   
13)  大学授業観が学習意欲・大学満足感に及ぼす影響(1)  共同  2010年9月  日本心理学会第74回大会発表論文集  ◎尾崎仁美、松島るみ  1087頁 
14)  大学授業観が学習意欲・大学満足感に及ぼす影響(2)  共同  2010年9月  日本心理学会第74回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  1088頁 
15)  大学生における大学授業観の変化について  共同  2011年7月  日本教育心理学会第53回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  324頁 
16)  アイデンティティと大学生活の関連について(1)  共同  2012年9月  日本心理学会第76回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  1022頁 
17)  アイデンティティと大学生活の関連について(2)  共同  2012年9月  日本心理学会第76回大会発表論文集  ◎尾崎仁美、松島るみ  1023頁 
18)  対人的自己効力感と友人関係における切替による大学適応感の差異について  単独  2012年11月  日本教育心理学会第54回大会発表論文集  松島るみ  675頁 
19)  Relations among Identity Achievemnet, Students' Attitude toward their Classes and Motivation for Learning  共同  2013年7月  poster presented at the 13th European Congress of Psychology  ◎Rumi Matsushima, Hitomi Ozaki  97頁 
20)  Correlations among peer relations, learning activities with friends, and university adjustment  単独  2014年6月  The 4th Asian Conference on Psychology Proceedings  Rumi Matsushima  112〜118頁 
21)  Correlations between University peer relations and learning activities with friends as well as academic motivation  単独  2014年7月  poster presented at the 28th International Congress of Applied Psychology  Rumi Matsushima   
22)  授業の予習と 学習方略・授業満足感の関連   単独  2014年9月  日本心理学会第78回大会発表論文集  松島るみ   
23)  大学生活で身につけた力とその要因について       共同  2014年10月  日本心理学会第77回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  1077頁 
24)  大学生活で身につけた力とその要因について(1)−学年と重視活動による差異−  共同  2014年11月  日本教育心理学会第56回大会発表論文集  ◎松島るみ、尾崎仁美  210頁 
25)  大学生活で身につけた力とその要因について(2)  共同  2014年11月  日本教育心理学会第56回大会発表論文集  ◎尾崎仁美、松島るみ  211頁 
26)  Relationship between Social Self-Efficacy and Learning Activities with Friends for Adjustment to and a Sense of Fulfillment at the University   単独  2015年6月  The 5th Asian Conference on Psychology Proceedings  Rumi Matsushima  325〜331頁 
27)  講義型授業における予習活動に対する意識   共同  2015年9月  日本心理学会第79回大会発表論文集  ◎松島るみ,尾崎仁美  1185頁 
28)  poster presented at the 28th International Congress of Applied Psychology  共同  2016年7月  poster presented at the 28th International Congress of Psychology  ◎Rumi Matsushima,Hitomi Ozaki   
29)  講義型授業開始時における「問い」の提示について  共同  2016年10月  日本教育心理学会第58回大会発表論文集  ◎松島るみ,尾崎仁美  258頁 
30)  PBL 型授業による社会人基礎力の変化―企業との連携授業における受講生の成長―  共同  2017年3月  日本発達心理学会第28回大会発表論文集  ◎松島るみ,尾崎仁美  460頁 
31)  講義型授業開始時における「問い」の提示について(2)  共同  2017年3月  日本発達心理学会第28回大会発表論文集  ◎尾崎仁美,松島るみ  466頁 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1998年4月〜現在に至る  日本心理学会会員 
1998年4月〜現在に至る  日本教育心理学会会員 
1998年10月〜現在に至る  日本青年心理学会会員 
2000年4月〜現在に至る  日本発達心理学会会員 
2006年4月〜現在に至る  日本パーソナリティ心理学会会員 
2015年11月〜現代に至る  日本教育工学会会員 
2017年1月〜現在に至る  APA(American Psychological Association)会員 
(2)公的機関の役職等
2009年11月〜2013年8月  日本心理学会認定心理士資格認定委員会委員 
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
2010年10月23日  京都ノートルダム女子大学心理学部・心理学研究科公開講座「現代若者のココロとコミュニケーション」1部 講師 
2013年2月22日  和歌山県立日高高等学校附属中学校出張模擬授業講師  
2013年11月14日  和歌山県立日高高等学校附属中学校出張模擬授業講師  
2014年11月13日  和歌山県立日高高等学校附属中学校出張模擬授業講師 
2015年11月12日  和歌山県立日高高等学校附属中学校出張模擬授業講師 
2016年11月17日  和歌山県立日高高等学校附属中学校出張模擬授業講師 
(5)その他