氏名 矢島 雅子 (YAJIMA Masako)
所属 生活福祉文化学部 生活福祉文化学科 
職名 准教授 
主要学歴
2001年3月久留米大学文学部人間科学科卒業 
2003年3月久留米大学大学院比較文化研究科 修士課程修了 
2006年3月久留米大学大学院比較文化研究科 博士後期課程満期退学 
取得学位 文学修士 
研究分野の概要 研究分野は障害者福祉論であり、成人期の障害のある人の日中活動をはじめとする生活支援のあり方について研究しています。現在、障害者権利条約が批准され、障害のある人の社会参加の促進が重視されています。障害のある人が地域で安心してその人らしく暮らし続けるためには、福祉サービスの質を向上させることが課題となります。日中活動をはじめ、余暇活動や居住支援を実施する福祉サービスが整備されているのか、利用者の立場に立ち、検証を続けています。 
キーワード 「障害のある人、生活支援、日中活動支援、余暇活動支援、居住支援」 
主要職歴
2006年4月〜2010年3月渕上医療福祉専門学校専任教員 
学内活動 2010年4月〜2012年3月  学生委員会
2010年4月〜2012年3月  心理臨床センター運営委員会
2010年4月〜      カトリック教育センター
2011年4月〜2012年3月  学生寮委員会
2011年4月〜2012年3月  施設・設備開発委員会
2011年4月〜2013年3月  マザーテレジアに学ぶ会
2012年4月〜2012年3月  FD委員会
2014年4月〜      キャンパスハラスメント相談員
2014年4月〜       心理臨床センター運営委員会
2015年4月〜      キャリアセンター推進委員
2012年4月〜       ハンドメイドサークル顧問 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:ソーシャルワーク基礎論、生活福祉文化基礎演習機∪験菠〇稱顕輯霑単藹供∪験菠〇稱顕輯霑単藹掘∪験菠〇稱顕輯霑単藹検∪験菠〇稱顕銃地澄卒業研究、障害者福祉論、社会福祉援助技術演習機⊆匆駟〇祓臀技術実習指導機⊆匆駟〇祓臀技術実習指導供⊆匆駟〇祓臀技術実習指導掘⊆匆駟〇祓臀技術現場実習、児童館実践演習、介護等体験
 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
  22年度授業評価  2010年4月〜  22年度授業評価アンケートは、「授業の内容を理解できた」「授業の内容に興味・関心をもてた」について高い評価があった(生活福祉文化基礎演習)。また、DVDを使用し具体的な事例を紹介することにより「授業の内容に興味・関心をもてた」と評価があった(障害者福祉論)。今後も授業評価をふまえ、参加型の授業になるよう工夫を行いたい。 
  23年度授業評価  2011年4月〜  23年度授業評価アンケートは、「教員の授業への取組に熱意を感じた」「使う教材は適切であった」について高い評価があった。DVDの使用により学生の興味を広げることができた(障害者福祉論)。今後も授業評価をふまえ、学生が意欲的・積極的に取り組むように授業を行っていきたい。 
  24年度授業評価  2012年4月〜  24年度授業評価アンケートは、障害者福祉論の講義では「授業への興味・関心」について高い評価があり、見方や考え方が変わったという自由記述もあった。しかし、「教科書を活用してほしい」「パワーポイントの切り替えが早い」という改善すべき点もあり、学生の理解度に合わせた教材づくりやプレゼンテーションを工夫していきたい。今後は学生が主体的に学ぶことができるよう、予習復習の課題提出やグループディスカッションを取り入れていきたい。 
  25年度授業評価  2013年4月〜  25年度授業評価アンケートは、「教員は学生の理解や反応に柔軟に応じて授業を進めた」については、高い評価があった(障害者福祉論)。また、パワーポイントが分かりやすかったという自由記述もあり、使用するテキストや資料は適切であったと評価できる。しかし、「思考・解決する力」が向上したという項目は評価が低かった。今後の課題は、事例を用いたグループディスカッションを実施し、学生の思考力の向上を目標としていきたい。 
  26年度授業評価  2014年4月〜  26年度の授業評価アンケートは、授業の状況について、6割以上が「授業は興味関心の持てる内容であった」「学生の理解や反応に応じて授業を進めていた」と回答していた(障害者福祉論、生活福祉文化基礎演習、社会福祉援助技術演習機法授業の良かった点については、「視聴覚教材を使ってもらって分かりやすかった」「パワーポイントで分かりやすかった」等という自由記述もあったが、改善すべき点としては、「授業のペースが遅い」「レポートはコメントをつけて返してほしい」等という自由記述もあり(障害者福祉論)、学生の気づきや意見に対してフィードバックし、学生の学ぶ意欲を引き出す授業づくりが必要である。今後は、学生の理解力や学生の意見等を把握し、フィードバックしながら、より理解が深まる授業を行っていきたい。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
  23年度社会福祉援助技術実習報告会 講演  2011年6月9日  実習報告会第1部講演において「知的障がい者の日中活動を支援する」というテーマで講演を行った。 
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
家族社会学−基礎と応用−  共著  2008年5月  九州大学出版会  木下謙治、保坂恵美子、園井ゆり、佐々木美智子、倉重加代、浅利宙、倉富史枝、眞田壮士郎、矢島雅子  197頁〜211頁 
生活福祉文化資源の探求  共著  2013年3月  ナカニシヤ出版  石井浩子、牛田好美、加藤佐千子、桐野由美子、酒井久美子、佐藤純、竹原広美、鳥居本幸代、中村久美、萩原暢子、畠山寛、三好明夫、矢島雅子、山本智也、米田泰子  189頁〜204頁 
子ども家庭福祉のフロンティア  共著  2015年4月  晃洋書房  伊藤良高、金子幸、香崎智郁代、山本克司、宮崎由紀子、椋木香子、永井知子、桐原誠、仲田勝美、矢島雅子、加藤誠之、永野典嗣、竹下徹、下坂剛、三好明夫、若宮邦彦  59頁〜66頁 
(2)論文          
「福祉学生のストレスに関する研究」  共著  2006年3月  久留米大学文学部紀要社会福祉学科編第6号  保坂恵美子、大西良、藤島法仁、占部尊士、鋤田みすず、矢島雅子   
「授産施設・小規模作業所におけるボランティアの役割(査読付)」  単著  2005年4月  西日本社会学会年報第3号    159頁〜164頁 
「知的障害のある人のストレングスを高める支援 デイサービスの実践」  単著  2012年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要第42号    43−54 
「成人期の障害のある人の日中活動支援の現状と課題」  単著  2014年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要第44号    75−87 
障害の重い人たちの日中活動と居住支援に関する一考察  単著  2015年3月  京都ノートルダム女子大学研究紀要第45号    85-97 
(3)その他          
  知的障害のある人のストレングスを高めるデイサービスの取り組み  単著  2011年7月  全国障害者問題研究会 レポート集 第45回全国大会    168 
  知的障害者の余暇を支援する−ガイドヘルパーの役割−  単著  2011年11月  日本人間関係学会第19回大会発表要旨    44−45 
  「障害者生活介護事業所における日中活動プログラムの展開−地域の大学生との交流事業−」  単著  2012年12月1日  第36回日本人間関係学会関西地区会研究会、関西学院大学大阪梅田キャンパス     
  「成人期の障害のある人の日中活動支援の現状と課題」  単著  2014年3月2日  2013年度日本社会福祉学会関西ブロック関西社会福祉学会、神戸親和女子大学     
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
2002年4月〜現在  日本社会福祉学会会員 
2002年4月〜現在  日本地域福祉学会会員 
2011年4月〜現在  全国障害者問題研究会 
2011年4月〜現在  日本人間関係学会会員 
2014年6月〜現在  日本キリスト教社会福祉学会会員 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
2014年10月11日  京都ノートルダム女子大学 カトリック教育センター土曜公開講座において、「障がいのある子どもの命をみつめて」というテーマで1時間の講演を行った。講演では、子どもの命が選別される出生前診断や虐待の問題、聖書の御言葉やキリスト者による福祉の実践を取りあげた。 
(5)その他