• 教員一覧
  • 教員氏名 : ウェザフォード ヨーク
氏名 ウェザフォード ヨーク (Weatherford York)
所属 人間文化学部 英語英文学科 
職名 講師 
主要学歴
1989年5月アメリカ イリノイ大学 シャンペーン・アーバナ校 言語学専攻卒業 
1991年5月アメリカ イリノイ大学大学院応用言語学修士課程修了 
1995年5月アメリカ イリノイ大学大学院TESOL修士課程修了 
取得学位 M.A. (TESOL) 
研究分野の概要 Bilingualism
Computer Assisted Language Learning
Extensive Reading 
キーワード bilingualism, CALL, ER 
主要職歴
1995年8月関西外国語大学集中英語プログラム常勤講師 
1998年9月大阪青山短期大学英米語科非常勤講師 
1999年4月神戸市外国語大学英米学科非常勤講師 
1999年4月関西学院大学総合政策学部非常勤講師 
2000年4月大阪青山短期大学英米語科常勤講師 
2002年4月立命館大学経済学部常勤講師 
2006年4月京都産業大学全学共通教育センター外国語契約講師 
2010年4月立命館大学理工学部嘱託講師 
2012年4月京都ノートルダム女子大学国際教育センター講師 
学内活動 ESS (Faculty Support) 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:Listening I/II, Speaking I/II, Reading I/II, Writing I/II, 英語総合, 英語基礎, 英吾応用
 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
   該当なし
(2)作成した教科書、教材、参考書    
English 3 (Communcation I): Materials for English Expeditions. Tokyo: Seibido.  2011年3月、2012年3月  I collaborated with a team of four teachers to revise and develop materials for the first-year communication textbook for the Science & Engineering Department at Ritsumeikan University.  
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
(2)論文          
  Using DynEd and ALC with low-level university freshmen  共著  2008年12月  The JALT CALL Journal 4巻3号   with Brown, I. & Campbell A.P.   37-53 
  A CALL project with low-level EFL students  共著  2009年7月  Proceedings of the 3rd International WorldCALL Conference: Using Technologies for Language Learning (WorldCALL 2008)  with Brown, I. & Campbell A.P.  167-170 
  Personality as a factor in bilingual development  単著  2009年8月  JALT2008 Conference Proceedings. Tokyo: JALT    998-1006 
  Using M-Reader to Motivate Students to Read Extensively  共著  2013年11月  Proceedings of the Second World Congress on Extensive Reading  with Campbell, J.  1-12 
(3)その他          
  Personality as a factor in bilingual development   単著  2008年11月2日  Paper presented at JALT2008, 国立オリンピック記念青少年総合センター     
  L2 interaction in online forums versus face-to-face classroom interaction  単著  2010年5月29日  Paper presented at JALTCALL 2010, 京都産業大学     
  Using M-Reader to Motivate Students to Read Extensively  共同  2013年9月14日  Paper Presented at The Second World Congress on Extensive Reading, Yonsei University, Seoul  with Campbell, J.   
  Initial Experiences with the M-Reader Quiz System  共同  2013年10月27日  Paper Presented at JALT2013, 神戸国際会議場  with Campbell, J.   
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1995年〜現在に至る  The Japan Association for Language Teaching (JALT) 全国語学教育学会  
1995年〜現在に至る  Teachers of English to Speakers of Other Languages (TESOL) 
2007年〜現在に至る  JALTバイリンガリズム研究会の『バイリンガル通信』 編集者 
2007年〜現在に至る  JALT月刊誌『The Language Teacher』編集委員 
2009年〜2010年  The Japan Association of College English Teachers (JACET) 社団法人大学英語教育学会 
2011年〜現在に至る  The Moodle Association of Japan (MAJ)日本ムードル協会 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他