氏名 古賀 一男 (KOGA Kazuo)
所属 心理学部 心理学科 
心理学研究科 
職名 特任教授 
主要学歴
1965-1969年広島大学・教育学部・心理学科 
1969-1971年京都大学・大学院教育方法学専攻(修士課程) 
1971-1973年 同 博士課程(1973年12月退学) 
取得学位 教育学修士(1971年)
教育学博士(1984年)
 
研究分野の概要 生物が外界(環境)に暴露された時に生じる知覚と運動の変容について,主として視知覚と運動機能を媒介とすることで中枢における可塑性について分析,検討を加える実験的研究を行なっている.特に我々を取り巻く重力環境の作用因について関連する視覚の変容過程について眼球運動の諸相を計測することで生物の中枢における可塑性に関して検討を加えている.ヒトを含む全ての生物が様々な環境に対して適応してゆく場合と破綻するケースについて詳細な検討を加えることで,生物のこれまでの生存の歴史と将来の生存可能性について議論を深めることが出来ると考えている.ヒトに限っていえば物理的環境のみならず文化や言語といった高次な環境をも視野にいれることが必用であろう.このことによりヒトの生物学的な側面からの生物-環境系の議論だけでなく幅広く奥行きのある構造が明らかになるものと思われる. 
キーワード 知覚,眼球運動,中枢,可塑性,重力,宇宙 
主要職歴
1973-1977年京都大学・教育学部 助手 
1977-1978年京都大学・文学部 助手 
1978-1991年名古屋大学・環境医学研究所・航空心理学部門 助手 
1984-1985年文部省在外研究員(長期)ベルン大学・心理学部(スイス) 
1991-2006年名古屋大学・環境医学研究所・宇宙医学実験センター 助教授 
2006-2010年名古屋大学・エコトピア科学研究所・融合プロジェクト研究部門 教授 
2010-2013年同研究所 客員教授(2012年より京都ノートルダム女子大学と併任) 
2012年-現在京都ノートルダム女子大学・心理学部 教授(現職) 
学内活動  
教育・研究活動
1.担当科目学 部:心理学研究法入門,初級実験実習(I),心理統計法IB,心理統計法IIB,心理学文献研究、知覚心理学
大学院:発達・学校心理学専門演習(I, II, III, IV),認知機構特論 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
   該当なし
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
資料と装置の寄贈  2006-2013年  FMPT(第一次材料実験,あるいはSL-J; スペースラブ・ジャパン)の地上訓練装置(全周体位傾斜装置)およびミッション関係の資料(実験で使用した各種訓練マニュアル,実験で得られたデジタル・データ,ビデオ映像(アナログ,デジタル)資料,その他一連資料)及び2013年にはFMPTで使用した装置の追加標本として光刺激発光装置(LIS: Light Impulse Stimulator), βカム画像収録・再生装置(プロトタイプ・フライト・モデル),身体頭部固定装置 (Body restraint)を名古屋大学博物館に寄贈した. 
資料と装置の寄贈  2010年  古典的実験機器及び古典的書籍を東北大学・心理学研究室に寄贈.名古屋大学に赴任して以降,約30年かけて蒐集してきた古典的実験器具や機械,特に視覚実験に関係する危惧を中心とした機械類の全てを東北大学文学部心理学教室において恒久的に保存することを条件に寄贈した.主なものは1900年代初頭の機械を含めて,シノプチスコープ,ステレオタキシス,アノマロメータ,角膜拡大鏡,タキシフォト,組立式暗箱,ステレオスコープ,ビューマスター・プロジェクター,カイモグラフ,ジャイロ・スタビライザー,ガストロ・カメラ,X線カメラセット,顕微鏡用撮影装置,等が含まれている. 
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
学生の情緒問題「大学における中退学生の復帰問題」文光堂,(石井 完一郎,岨中 達,藤井 虔,監訳 Emotional Problem of the Student: B. Brain Jr. & C. McArtherの第13章)  共訳  1975/5 月  文光社   石井完一郎,岨中達,藤井虔(監訳)  183-218  
教育臨床心理学辞典「偏相関係数」,「標本抽出法」,「無作為抽出法」  単著  1980  北大路書房/京都  小林 利宣・編   
Variation of Voluntary Fixations during Mental TasksTasks In "Cognition and Eye Movement"(査読付)  共著  1982  North-Holland /Amsterdam  R. Groner and P. Fraisse Eds.   74-83 
視知覚,「児童心理学の進歩」(査読付)  単著  1983/6月  金子書房/東京   磯貝,柏木,小嶋,大村,清水,高橋(編)   25-52 
電子計算機を用いた角膜反射光法による眼球運動の自動測定  単著  1984/7月  博士論文     1-102 
Sympathetic Nervous Responses in Man to Weightlessness Simulated by Head-out Water Immersion, in "Biological Science in Space 1986" (査読付)  共著  1987  Myu,Research/Tokyo   M.Saito, T.Mano, S.Iwase, K. Koga, Y.Matsukawa   85-92 
Behavior and Brain Activity of Carp during Parabolic Flight Low gavity, in“Biological Science in Space 1986"(査読付)   共著  1987  Myu Research/Tokyo  S.Mori,S.Watanabe, A.Takabayashi, M.Sakakibara, S.Takagi, S.Usui, and K.Koga   155-177 
Can Eye Movement Modify Motion Perception? In "Fourth Europen Con- ference on Eye Movements"(査読付)  単著  1987  Toronto/Canada  G.Lueer & U.Laas and Shallo-Hoffman Eds.  98-100 
How Can We Know the Veridical Velocity of a Moving Objects? In "Eye Movement Research: Physiological and Psychological Aspects"  共著  1988  C.J.Hogreffe/Toronto  K. Koga, T.Makino, K.Sakata, & N.Takahashi  320-336 
10  Somatosensory-Vestibular-Sympathetic Interactions in Man under Weightlessness Simulated by Head-Out Water Immersion, in "Basic and Applied Aspects of Vestibular Function"   単著  1988  Hong Kong University Press to/Canada  T. Mano, S.Saito, K. Koga, H. Abe, T. Matsukawa, & H.Suzuki   98-100 
11  Comparison of Muscle Sympathetic Nerve Activity in Man During Water Immersion and During Body Tilt  共著  1988  Elsevier/ Amsterdam  R. Groner, (Mandl H. & Levin J.R. Eds)   279-291 
12  Intercultural Experiments as a Research Tool in the Study of Cognitive Skill Acquisition: Japanese Character Recognition and Eye Movements in Non-Japanese Subjects, in "Knowledge Acquisition from Texts and Pictures"(査読付)  共著  1989  Elsevier/ Amsterdam  R. Groner, (Mandl H. & Levin J.R. Eds)  279-291 
13  Stability of Visual Perception under the Microgravity in Space. In "Aerospace Science"  単著  1989  Nihon University Press/Tokyo  K. Koga, T.Mano, T.Makino, N.Takahashi, K.Sakata & R.Osaka, (Yajima, T. Eds.)  267-272 
14  Intercultural Experiments as a Pursuit Eye Movement and Object Motion Perception, in "From Eye to Mind: Information Acquisition in Perception, Search, and Reading" (査読付)  共著  1990  Elsevier/ Amsterdam  K. Koga & R. Groner, (R. Groner & d'Ydewal Eds.)  59-68 
15  Difficulties of Target Motion Perception in Space, in "Proceedings of International Symposium on Space Medicine in Nagoya 1992"  単著  1992  RIEM, Nagoya University/ Nagoya  N.Matsui & H. Seo Eds.  195-201 
16  眼球運動の実験心理学  共編著  1993/1月  名古屋大学出版会/名古屋  苧阪良二,中溝幸夫,古賀一男 (共編)  1-133 
17  眼球運動測定法,「新編・感覚知覚心理学ハンドブック」  単著  1994  誠信書房/東京  大山,今井,和気 編  844-851 
18  拡大する現代の生活環境と人間の行動,「21世紀の環境を考える -地球,太陽,宇宙 -」  共著  1995  日刊工業新聞社/東京  古賀一男,辻敬一郎  189-199 
19  眼球運動実験ミニ・ハンドブック  単著  1998/10月  労働科学研究所出版部/川崎    1-164 
20  新・生理心理学,「宇宙環境への適応と生理・行動科学」北大路書房  単著  1998/9月  北大路書房/京都    276-287 
21  重力要因,「知覚の可塑性と行動適応」  単著  1998/10月  ブレーン出版/東京  牧野達郎(編)  75-87 
22  研究と研究者と社会,「43人が語る心理学と社会−21世紀の扉をひらく」  単著  1999/6月  ブレーン出版/東京  佐藤隆夫(編)  42-64 
23  眼球運動,「視覚情報処理ハンドブック」  共編著  2000/9月  朝倉書店/東京  日本視覚学会・編(内川,古賀他編集)  1-656 
24  宇宙環境における有人活動.「技術予測シリーズ:21世紀に期待される技術〜その将来展望」  単著  2001  日本ビジネス刊行レポート/東京     
25  眼球運動「講座 感覚・知覚の科学 第1巻,視覚?<視覚系の構造と機能>」  単著  2007/9月  朝倉書店/東京  内川,篠森(編)  64-85 
26  前庭機能「新編 感覚・知覚心理学ハンドブック・Part2」  単著  2007/9月  誠信書房/東京  大山,今井,和気(編)  453-464 
27  大脳の視覚処理,眼球運動と視覚認識「映像情報メディア工学総合大辞典」  単著  2010/6月  オーム社  映像情報メディア学会・編   
28  知覚の正体 −どこまでが知覚でどこからが創造か−  単著  2011年/6月  河出書房新社/東京    1-222 
29  前庭機能・眼球運動「シリーズ心理学研究法・第1巻 知覚」  単著  2011/9月  誠心書房/東京  村上郁也(編)  197-226 
30  これからのエコトピアを考える「エコトピア科学概論 ―持続可能な環境調和型社会実現のために―」  単著  2012年/12月  コロナ社/東京  名古屋大学エコトピア科学研究所(編)  162‐171 
31  宇宙空間における知覚と行動の変容と適応 「なぜ、人は宇宙をめざすのか「宇宙の人間学」から考える宇宙進出の意味と価値宇宙空間における知覚と行動の変容と適応」   単著  2015年/8月  誠文堂新光社/東京  「宇宙の人間学」研究会 編  43-57 
  実験心理学ハンドブック  編著  2016年12月(出版予定)  朝倉書店/東京  基礎心理学会(編)   
(2)論文          
The Relationship Between Reactive Inhibition and Reminiscence(査読付)  単著  1971  Psychologia, 14    91-96 
逆書字学習事態での運動学習の線型モデル(査読付)  単著  1971/10月  心理学研究, 42    197-204 
Comparison of Triple Recording Methods of Eye Movement(査読付)  単著  1983/3月  Japanese Psychological Research, 25  Koga K. & Osaka R  181-190 
Unknown Letter Recognition and Eye Movements(査読付)  単著  1984  Research Note from University of Bern    1-23 
Responses in Muscle Sympathetic Activity to Acute Hypoxia in Humans(査読付)  共著  1988  Journal of Applied Physiology, 65  Saito M., Mano T., Iwase S., Koga K., Abe H. ,& Yamazaki Y.  1548-1552 
Muscle sympathetic nerve responsiveness to static contraction is not altered under hypoxia(査読付)  共著  1991  Japanese Journal of Physiology, 41  Saito M., Mano T., Iwase S., Koga K., Abe H. ,& Yamazaki Y.  775-783 
視標追跡刺激と身体動揺(査読付)  共著  1991/4月   姿勢研究, 11  河合 学,間野 忠明,古賀 一男  31-38 
眼球運動が運動視に果たす重要な役割(査読付)  単著  1991/8月  心理学評論, 34    93-120 
9Neural and humoral controlling mechanisms of cardiovascular functions in man under weightlessness simulated by water immersion(査読付)  共著  1991  Acta Astronautica, 23  Mano T., Iwase S.,Saito M.,Koga K.,Abe H.,Inamura K., and Matsukawa T.  31-33 
10  「宇宙医学実験センター」への道のり  単著  1992  宇宙生物科学, 6(2)    123-127 
11  運動時の筋交感神経反応に及ぼす水浸の効果(査読付)  共著  1993/7月  宇宙航空環境医学, 30  斉藤 満,間野 忠明,岩瀬 敏,古賀 一男,美和 千尋,稲村 欣作  63-69 
12  日本人宇宙飛行士の無重力空間における視覚・行動の再統合過程(査読付)  単著  1993  Vision, 5(3)    111-115 
13  Prismatic displacement of vison induced transient changes in the timing of eye- hand coordination(査読付)  共著  1993/10月  Perception and Psychophisics, 54  Rossetti Y., Koga K., and Mano T  355-364 
14  宇宙実験に随伴する困難な技術的問題(査読付)  単著  1994  光学, 23(1)    27-28 
15  スペースシャトル・エンデバー号によるふわっと'92生命科学実験−宇宙空間における視覚安定性の研究(査読付)  単著  1994  教育心理学年報, 第33集    30-33 
16  宇宙空間における視覚安定性の研究(査読付)  単著  1994  宇宙生物科学, 7(4)    333-339 
17  Inhibition of Chondrogenesis in micromass culture of embryonic mouse limb cells exposed to simulated microgravity(査読付)  共著  1994  ASGSB Bulletin, 8  Duke J., Montufar-Solis D., Hamazaki T., Sato A., and Koga K.  62 
18  宇宙空間における視覚安定性と感覚(査読付)  単著  1994  宇宙生物科学, 7-3    223-224 
19  STS47/エンデバー号による宇宙実験「宇宙空間における視覚安定性の研究」(査読付)  共著  1994  日本航空宇宙学会誌, 第42巻(通巻489号)  古賀一男,間野忠明,毛利衛,木田光郎,太田芳博,辻敬一郎,後藤倬男,苧阪良二  53-56 
20  有人宇宙活動と人の感覚運動系  単著  1995  日本航空宇宙学会誌, 第43巻(通巻505号)    8-12 
21  Aging reduces sympatho-supressive response to head-out water immersion in humans(査読付)  共著  1996/9月  Acta Physiologica Scandinavia, 158  Miwa C., Mano T., Saito M., Iwase S., Matsukawa T.,Sugiyama Y., and Koga K.  15-20 
22  Comparative measurement of visual stability in earth and cosmic space.  単著  1997  Biological Sciences in Space, vol.11(4)    334-338 
23  重力空間が我々に可能にさせていること(査読付)  単著  1997  基礎心理学研究, 16-1    45-53 
24  Motion trajectory illusion and eye movements(査読付)  共著  1998  Swiss Journal of Psychology, 57(1)  Koga K., Groner T.M., Bischof W.F., and Groner R.  5-17 
25  Apparent body tilt and postural aftereffect(査読付)  単著  1998  Perception and Psychophisics, 60(2)  Higashiyama A. and Koga K.  331-347 
26  EOGを用いた視線入力インタフェースの開発(査読付)  単著  1998  情報処理学会論文誌, 39(5)  久野悦章,八木透,藤井一幸,古賀一男,内川嘉樹  1455-1462 
27  Day dreaming about human colonization of space should not substitute for basic research on the role of gravity on earth(査読付)  単著  1998  Japanese Journal of Aerospace and Environmental Medicine, 35    23-26 
28  Clinostat rotation promotes HGF/SF-induced morphogenesis of rat pancreatic oval cells(査読付)  共著  1998  Japanese Journal of Aerospace and Environmental Medicine, 35(2)  Rulong S., Takagishi, Y., Koga K., Resau J.H., Inouye M., Jeffers M. and Rao S.M.   55-61 
29  「視覚行動のサブシステム」から「行動のサブシステムとしての視覚」本田仁視の「Optic flow」について(査読付)  単著  2000  Vision, vol. 12(1)    31-33 
30  Gravity cue gives implicit effects to the human behavior under the altered gravity environments(査読付)  単著  2000  Aviation, Space and Environmental Medicine, 71(9)    A78-A86 
31  Human Motion Perception, Eye Movements, and Orientation in Visual Space  単著  2000  Swiss Journal of Psychology, 59(2)    85-88 
32  Culture in vector-averaged gravity under clinostat rotation results in apotosis of osteoblastic ROS 17/2.8 cells(査読付)  共著  2000  Journal of Bone and Mineral Research, 15(3)  Sarkar D., Nagaya T., Koga K., Nomura Y., Gruener R., and Seo H.  489-498 
33  Motion perception modified by eye movements(査読付)  単著  2000  "Swiss Journal of Psychology, 59(2)    108-114 
34  TNFα-dependent activation of NF-κB in human osteoblastic HOS-TE85 cells is repressed in vector-averaged gravity using clinostat rotation(査読付)  共著  2000  Biochemical and biophysical Research Communications, 279  Kobayashi K., Kambe F., Kurokochi K., Sakai T., Ishiguro N., Iwata H., Koga K., Gruener R., and Seo H.  258-264 
35  Integration of visual and vestibule-tactile inputs affecting apparent self motion around the line of sight(査読付)  共著  2002  "Perception and Psychophisics, 64(6)  Higashiyama A. and Koga K.  981-995 
36  生物と重力環境 -生物学的意義と行動学的意味  単著  2003/3月  人間情報学研究,第8巻    1-14 
37  Evaluation of two algorithms for counting forward saccades in a reading task(査読付)  単著  2003  Biomedical Engineering, 48  Menozzi M., Koga K, Ohta Y., and Krueger H.  176-181 
38  Human visual perception under altered gravity environment(査読付)  単著  2004  Swiss Journal of Psychology, 63(3)    183-190 
39  Visual Perception and Perceptual Processing in Real and Virtual Environments(査読付)  共著  2004  Swiss Journal of Psychology, 63(3)  Groner R., Koga K., and Tsuji K.  139-142 
40  Spatio-temporal modification for the motion perception by smotth pursuit eye movements  単著  2005  3DForum, 19(1)     9-19 
41  Visual Perception and Perceptual Processing in Real and Virtual Environments -Proceedings of the 2nd Joint Seminar between Japan and Switzerland at Nara- (査読付)  共著  2005  Japanese Psychological Research, 47(3)  Koga K., Groner, R., and Tsuji K.  151-155 
42  仮説空間とデータ空間の探索から見た洞察問題解決過程(査読付)  共著  2005  認知科学 12(2)   寺井 仁,三輪和久,古賀一男   74-88 
43  Perceived self-body tilt in dynamic visual stimuli(査読付)  共著  2007  Perception, 36  Higashiyama A. & Koga K.  37 
44  Perceived range, perceived velocity, and perceived duration of the body rotating in the frontal plane(査読付)  共著  2009  Attention, Perception and Psychophysics, 71(1)  Higashiyama A. & Koga K.  104-115 
45  Perceived self-tilt in dynamic visual stimuli (査読付)  共著  2009  Perception, 38(2)  Higashiyama A. & Koga K.  281-291 
46  Optokinetic stimulation induces illusory movement of both out-of-the-body and on-the-body hand-held visual objects(査読付)  共著  2009  Experimental Brain Research, 193(4)  P. Revol, A. Farnè, L. Pisella, N. P. Holmes, A. Imai, K. Susami K. Koga, and Y. Rossetti  633-638 
47  Japanese street performer mimes violation of Herring's Law(査読付)  共著  2011  Neurology, 76  MacAskill, M.R., Koga K., & Anderson T.J.  1186-1187 
48  Kinematic markers dissociate error correction from sensorimotor realignment during prism adaptation(査読付)  共著  2014  Neuropsychologia, 55  Jacinta O'Shea, Gaveau V., M. Kandel, K. Koga, K. Susami, C. Prablanc, and Y. Rossetti  15-24 
49  有人宇宙実験FMPTと有人ライフ・サイエンスの役割と重要性  単著  2014  宇宙航空環境医学,51(1)    1-12 
(3)その他          
数理モデルを用いた運動学習の個人差の研究  単著  1975/3月  文部省科学研究費補助金報告書(071032)奨励研究(A)    1-38 
電子計算機処理による眼球運動測定(EMCC法)の為のソフトウエ ア開発  単著  1980/3月  文部省科学研究費補助金報告書(403818)奨励研究(A)    1-60 
電子計算機を用いた眼球運動の精密測定とその評価  単著  1981/3月  文部省科学研究費補助金報告書(571027)奨励研究(A)     1-29 
電子計算機を用いた周辺視における移動物体と眼球運動  単著  1982/3月  文部省科学研究費補助金報告書(56710035)奨励研究(A)     1-28 
EMCC法による眼球運動の測定と最近の知見  単著  1983/12月  テレビジョン学会技術報告, 7    7-12 
宇宙空間における視覚安定性の研究  単著  1987/5月  マイクログラビティ応用学会・会報, 4    13-15 
眼球運動に関するデ−タ規準化の試み  単著  1988/3月  文部省科学研究費補助金報告書(61450014)一般研究(B)     1-54 
宇宙空間における視覚安定性の研究  単著  1989/4月  昭和63年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    197-200 
宇宙空間における視覚安定性の研究  単著  1990/4月  平成元年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    428-437 
10  水浸法による準無重量実験  共著  1990/3月  MERSS REPORT/宇宙基地医学研究会報告書, 5    25-31 
11  日本昔話 -コンプザウルス・スカジウス・ディスクレス-  単著  1990/7月  NICEだより「名大計算センター学内LAN広報誌」,5    4-9 
12  宇宙空間における視覚安定性の研究  単著  1990/4月  NASDA NEWS    7-9 
13  新しい3次元眼球運動計測システムの開発  単著  1991/3月  文部省科学研究費補助金報告書(63810002)試験研究(B/2)     1-64 
14  宇宙空間における視覚安定性の研究  単著  1991/4月  平成2年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    239-246 
15  眼球運動によって修飾される運動知覚と形態認知に関する実験的研究  単著  1992/3月  文部省科学研究費補助金報告書(02610045)一般研究(C)     1-58 
16  宇宙空間における視覚安定性の研究  単著  1992/4月  平成3年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    219-224 
17  日本の宇宙実験「ふわっと'92」を支援して  単著  1992/10月  東京新聞(署名記事)    10月20日 
18  エンデバーの毛利さんとお話しするには  単著  1992/12月  名古屋大学情報処理教育センター広報,24    11-15 
19  「眼球運動の実験心理学」 カバージャケット・デザイン  単著  1993  名古屋大学出版会     
20  微小重力下での生体現象の解明に関する研究- 視覚心理の研究 -  単著  1993/3月  科学技術振興調整費「国際協力による微小重力環境下での物理,化学及び生体現象の解明に関する研究」報告書    403-417 
21  パラボリック・フライトによる低重力環境下でのヒトの頭部/眼球協応運動の検討  単著  1993/3月  MERSS REPORT/宇宙基地医学研究会報告書, 8    34-41 
22  小型生物衛星を用いたライフサイエンス実験  単著  1993/4月  平成4年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    229-236 
23  宇宙空間における視覚安定性に関する研究  単著  1993/4月  平成4年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    289-297 
24  宇宙空間における視覚安定性に関する研究  共著  1993/7月  宇宙利用シンポジウム(第10回) Proceedings of the 10th Space Utilization Symposium  古賀一男,間野忠明,木田光郎,太田芳博,辻敬一郎,後藤 倬男,苧阪良二  9-12 
25  宇宙空間における視覚安定性に関する研究  共著  1993/12月  ふわっと'92 宇宙実験成果報告会予稿集  古賀一男,間野忠明,木田光郎,太田芳博,辻敬一郎,後藤 倬男,苧阪良二  34-36 
26  宇宙空間における視覚安定性に関する研究  単著  1994/3月  平成5年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    288-298 
27  宇宙空間における視覚安定性にかかわる諸感覚相互作用の解明  単著  1994/3月  文部省科学研究費補助金報告書(03551003)試験研究(B/2)     1-98 
28  宇宙空間における視覚安定性に関する研究  共著  1994/5月  ふわっと'92 宇宙実験成果報告(宇宙開発事業団技術報告), 1/2  古賀一男,間野忠明,木田光郎,太田芳博,辻敬一郎,後藤 倬男,苧阪良二  145-170 
29  宇宙空間におけるヒトの感覚・運動の協応  単著  1994/10月  学術月報, 47-10    102 
30  宇宙,今日と明日【重力の中で】【エンデバー号の実験】【毛利さんの実験】(連載署名記事)  単著  1994/10月  毎日新聞 第43回(10月14日),第44回(10月21日),第45回(10月28日)     
31  宇宙基地利用基礎実験費・小型生物衛星を用いたライフサイエンス実験  単著  1995/3 月  平成4-6年度宇宙基地利用基礎実験費研究成果報告書    1-250 
32  宇宙航空環境医学編集後記  単著  1995/7月  宇宙航空環境医学, 32-3     
33  超長期的に重力に対応した知覚変換を施した生物の行動変容とその可塑性  単著  1996/3月  文部省科学研究費補助金報告書(05401003)一般研究(A)     1-153 
34  Parabolic flight and the cardiovascular system  単著  1996/3月  Contract Report: Report of the investigation of manned space technology, space medicine and human science: Cardiovascular system    18-23 
35  視線が語るくらし・環境 -視覚だけでは物は見えない-  単著  1997/1月  安全, 48(1)    52-53 
36  視線が語るくらし・環境 -常識をくつがえす視細胞のしくみ-  単著  1997/2月  安全, 48(2)    52-53 
37  視線が語るくらし・環境 -殺気-  単著  1997/3月      60-61 
38  Making of the cover page “VISION”  単著  1997/3月  VISION, 9    89-93 
39  日本視覚学会・学会誌 [VISION」表紙デザイン  単著  1997  日本視覚学会 VISION誌     
40  日本視覚学会・1997年夏期研究会ポスター・デザイン  単著  1997/4月  日本視覚学会1997年夏期研究会(於・河口湖)     
41  視線が語るくらし・環境 -流し目・伏せ目・上目-  単著  1997/4月  安全, 48(4)    52-53 
42  視線が語るくらし・環境 –陰影と認識-  単著  1997/5月  安全, 48(5)    54-55 
43  準無重量実験装置  単著  1997/5月  名古屋大学学報, 361   
44  視線が語るくらし・環境 –バニシング・ポイント-  単著  1997/6月  安全, 48(6)    58-59 
45  視線が語るくらし・環境 –ハイパー・リアリズム-  単著  1997/7月  安全, 48(7)    54-55 
46  視線が語るくらし・環境 –カメラ・ルシダとカメラ・オブスキュラ-  単著  1997/8月  安全, 48(8)    52-53 
47  視線が語るくらし・環境 –知覚は選択する-  単著  1997/9月  安全, 48(9)    58-59 
48  視線が語るくらし・環境 –宇宙飛行士ジャン-  単著  1997/10月  安全, 48(10)    58-59 
49  視線が語るくらし・環境 –アイザックニュートン先生の読書歴-  単著  1997/11月  安全, 48(11)    50-51 
50  視線が語るくらし・環境 –視線と視点と視野-  単著  1997/12月  安全, 48(12)    56-57 
51  宇宙空間(無重力環境)におけるヒトの運動・知覚異常の機序  単著  1998/3月  文部省科学研究費補助金報告書(07551013)試験研究(B/2    1-124 
52  「眼球運動実験ミニハンドブック」カバージャケット・デザイン  単著  1998/10月  労働科学研究所出版部/川崎     
53  「知覚の可塑性と行動適応」カバージャケット・デザイン  単著  1998/10月  ブレーン出版     
54  自著を語る「眼球運動ミニ・ハンドブック」  単著  1999/11月  心理学ワールド vol.7    31 
55  運動知覚,眼球運動,視空間定位に関する日本・スイス2国間協同会議(日本学術振興会・スイス国立科学振興会)  共著  2000/3月  運動知覚,眼球運動,視空間定位に関する日本・スイス2国間協同会議報告(独立行政法人:日本学術振興会)  Koga K. and Groner R.  1-15 
56  システムと安全 その3 -高空交通を支える管制システム-  単著  2000  労働の科学,55(2)    110-111 
57  仮想現実環境で生起する運動知覚錯誤  単著  2001/3月  (独)日本学術振興会科学研究費補助金報告書(10871016)萌芽研究    1-2 
58  視知覚および新メディア情報処理に関する第2回 日本・スイス2国間協同会議報告書(日本学術振興会・スイス国立科学振興会)  共著  2002/3月  視知覚および新メディア情報処理に関する第2回日本・スイス2国間協同会議報告書(独立行政法人:日本学術振興会)  Koga K. and Groner R.  1-23 
59  重力/微小重力環境下での新しい知覚・運動協応過程の獲得  共著  2002/3月  (独)日本学術振興会科学研究費補助金報告書(10301005)基盤研究(A/2)     1-90 
60  VISION覚書き  単著  2004/1月  VISION, 17(1)    57-60 
61  日本視覚学会・学会誌 [VISION」表紙デザイン(改訂)  単著  2005  VISION vol.17(1)     
62  重力要因が知覚・運動協応の体制化に関与するメカニズムの解明  単著  2006  (独)日本学術振興会科学研究費補助金報告書(15203029)基盤研究(A/2)     1-67 
63  視覚機能の疲労をどのように測定するか  単著  2007/1月  「人と機会の健康的共生をめざして 〜第1回:疲労,ストレスと健康〜」講演資料集    19-32 
64  エコトピア科学研究所とベルン大学・学際的エコロジー研究センターとの学術交流覚書締結に至る経緯  共著  2008/3月  エコトピアニュース, vol. 8  松井和夫,古賀一男 
65  技術と感性(わざとこころ)  単著  2008/3月  エコトピアニュース, vol. 9    1-4 
66  Gravity environments modify not only the human body mechanism but also higher cognitive functions in human  単著  2008  ISETS07 (proceeding on CD1155-1160    CD1155-1160 
67  本田仁視さんを悼む  単著  2009/1月  VISION, vol.21(1)  古賀一男,中溝幸夫  46 
68  1歳未満の乳幼児の眼球運動を言語教示無しで正確に記録する新しい方法の開発   単著  2009/3月  (独)日本学術振興会科学研究費補助金報告書(18653065)萌芽研究    1-3 
69  どこかでZARDがうたっている:特集・心理学とSF  単著  2010  心理学ワールド 48    17-20 
70  どこまでが研究でどこからが仕事か  単著  2011  名大トピックス, No.202    32 
71  知覚の正体 -どこまでが知覚でどこからが創造か-  単著  2012  心理学ワールド 57    40 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1970-現在  日本心理学会 
1978-現在  日本宇宙航空環境医学会 1994-2009:理事,1994-現在:評議員,2003-2009:広報委員長, 
1986-現在  日本基礎心理学会 
1987-現在  日本生理学会,1996-現在:評議員 
1992-現在  日本視覚学会,2005-2009:幹事,2009-現在:世話人 
1993-現在  Society of European Conference of Eye Movements(ヨーロッパ眼球運動学会)1999-現在:理事 
1999-2009  日本神経科学会 
2000-2009  Society of Neuroscience(北米神経科学会) 
2013-現在  Eye Movement Researcher’s Association (EMRA) (眼球運動研究者会議)名誉理事 
(2)公的機関の役職等
1988-1992  科学技術庁「国際協力による微小重力環境下での物理,化学及び生体現象の解明等に関する研究」研究推進委員会,生体現象分科会委員 
1989  財団法人・宇宙環境利用推進センタ−「テレサイエンス技術検討委員会」委員 
1992-1993  財団法人・宇宙開発事業団「有人サポート委員会・宇宙飛行士養成訓練設備分科会」委員 
1996-1997  財団法人・宇宙環境利用推進センタ−「テレサイエンス技術の開発アドバイザー」委員  
1997  財団法人・宇宙フォーラム「平成9年度地上公募研究」評価委員 
1999-2000  財団法人・宇宙フォーラム「平成11年度地上公募研究」評価委員 
2000-現在  文部科学省 「科学技術専門委員」 
2002  財団法人・宇宙フォーラム「平成14年度地上公募研究」評価委員 
2002-現在  文部科学省「科学情報専門家ネットワーク」専門調査委員 
2006-2008  独立行政法人・日本学術振興会「科学研究費委員会専門委員」(第1段:書面審査) 
2011-2014  独立行政法人・宇宙航空研究開発機構 (JAXA)国際宇宙ステーション・きぼう利用推進委員会「人文・社会利用シナリオ検討 ワーキンググループ」委員および分科会委員 
2012-2014  独立行政法人・日本学術振興会「特別研究員等審査会専門委員」(第2段:面接委員)及び「国際事業委員会」書面審査員 
2012-2014  独立行政法人・日本学術振興会「外国人特別研究員(定着促進)」書面審査委員 
(3)非営利組織等における活動
1991-1992  第3回宇宙医学国際シンポジウム・組織委員 
1996  国際シンポジウム・環境ストレスと順応・組織委員 
1996  国際シンポジウム(In Space ’96)・プログラム編成委員 
1996-1997  9th European Conference on Eye Movements (ECEM 9) ・Science advisory board(査読委員)  
1998-1999  10th European Conference on Eye Movements (ECEM 10)・Science advisory board(査読委員)  
1999-2000  運動知覚,眼球運動,視空間定位に関する日本−スイス2国間セミナー.日本学術振興会(JSPS)及びスイス国立科学財団(SNSF)の日本側代表者  
1999  日本心理学会第63回大会シンポジウム「ダイナミックな知覚」企画,構成 
1999-2000  11th European Conference on Eye Movements (ECEM 11) ・Science advisory board(査読委員)  
2000  自動車技術会中部支部 生体特性活用シンポジウム・企画及び主催 
2001  視知覚及び新メディアに関する日本−スイス2国間セミナー.日本学術振興会(JSPS)及びスイス国立科学財団(SNSF)の日本側代表者 
2002  第4回アジア太平洋航空宇宙医学会議・組織委員 
2003-2004  12th European Conference on Eye Movements (ECEM 12)・Science advisory board(査読委員)  
2004-2006  14th European Conference on Eye Movements (ECEM 14)・Science advisory board, (査読委員,プログラム作製および会議組織運営委員)  
2006-2007  International Symposium on Ecotopia Science 2007 (ISETS07) ・組織運営委員  
2012-2013  17th European Conference on Eye Movements (ECEM2013), Executive Peer Reviewer  
2014-2015  18th European Conference on Eye Movements (ECEM18), Executive Peer Reviewer 
(4)講演講師等
1987年6月  視空間は宇宙空間で正しく認知されるか. 日本認知科学会第4回大会(シンポジウウム)・招待講演 
1987年7月  Motion perception を修飾する眼球運動の要件. 東海心理学会・懇話会・招待講演 
1988年3月  準無重力環境下における感覚量の測定. 第21回知覚コロキアム・特別講演 
1988年10月  New optical device for retinal inversion. 日本心理学会第52回大会(シンポジウム)・講演  
1988年6月  錯覚. 第1回宇宙基地医学研究シンポジウム(シンポジウム)・特別講演  
1989年2月  Stability of visual perception under the microgravity in space and it's present situa tion in Japan. Department of Psychology, York University, (Toronto)・Invited lecture 
1989年3月  直線加速度中のVOR. 第2回宇宙医学シンポジウム, (シンポジウム)・講演 
1990年12月  3次元自由度空間におけるヒトの視覚優位性がもたらす錯誤. 日本宇宙航空環境医学会第36回総会(シンポジウム)講演 
1991年10月  眼球運動.日本心理学会第55回大会(ワークショップ)・主催 
1992年7月  スペースシャトルにおける視覚実験;眼球運動,運動知覚と低重力空間. 日本視覚学会199年夏期研究会・特別講演 
1992年11月  Eye movements, motion perception and gravity cue - Human experiments in SL-J shuttle mission. Department of Psychology, University of Bern・Invited lecture  
1993年3月  視覚による行動心理.日本鍼灸良導絡医学会臨床皮膚刺激療法講習会・特別講演 
1993年4月  宇宙空間におけるヒトの視覚安定性(宇宙の生理). 第70回日本生理学会(ラウンドテーブル・ディスカッション)講演 
1993年5月  宇宙空間における視覚安定性の研究. 東海心理学会第42回大会(公開講演)・招待講演 
1993年6月  宇宙空間における微細な運動と粗大な運動. 第13回環境医学シンポジウム・講演 
1993年7月  日本人宇宙飛行士の無重力空間における視覚・行動の再統合過程. 日本視覚学会1993年夏期研究会・特別講演 
1993年9月  低重力環境下でのヒトの知覚と身体の制御. 日本宇宙生物科学会第7回大会(シンポジウム)・講演 
1993年10月  無重力環境下でのヒトの視覚安定性 −眼球運動の諸特性−. 日本教育心理学会第35回総会・特別講演 
1993年10月  低重力環境下におけるヒトの運動・知覚統合. 第39回日本宇宙航空環境医学会総会・特別講演 
1993年12月  宇宙空間における視覚安定性の研究 ふわっと'92宇宙実験成果報告会(公開講演会 
1994年2月  宇宙空間におけるヒトの運動・感覚系の新しい局面 第37回ヒューマン/ブレーンサイエンス・テクノロジーフォーラム(招待講演) 
1994年3月  無重力環境とヒトの感覚・運動協応. 無重力セミナー'94 (招待講演)  
1994年10月  眼球運動.日本心理学会第58回大会(ワークショップ) 
1994年10月  変換視研究-道具としての逆さめがね実験-.日本心理学会第58回大会(ワークショップ) 
1995年4月  有人宇宙活動と人の感覚運動系. 第26期日本航空宇宙学会シンポジウム, (シンポジウム) 
1995年12月  脳と心理 −脳と心の理解を目指して− 第9回トヨタコンファレンス, (シンポジウム) 
199年10月  サッカードの適応が示唆する空間知覚の三つの流れと動作評価を伴った空間作業記憶.日本心理学会第60回大会(ワークショップ) 
1997年5月  自己中心的水平・垂直軸を構成する知覚の諸要因 日本建築学会・建築計画委員会・建築人間工学小委員会、第35回建築人間工学シンポジウム 
1997年5月  重力空間が我々に可能にさせていること 日本基礎心理学会, 1996年度第2回フォーラム「特殊空間を考える」(招待講演) 
1997年11月  重力空間枠組順応に関与する各種感覚の統合.東北大学電気通信研究所シンポジウム「高次臨場感通信を目指して」(招待講演) 
1999年7月  Gravity cue gives implicit effects to the human behavior under the altered micro-gravity environments. (Invited lecture) "International Workshop on Human Factors in Space". 
1999年7月  「視覚行動のサブシステム」から「視覚サブシステムとしての行動」へ.日本視覚学会1999年夏期大会(パネルディスカッション)  
1999年9月  ダイナミックな知覚.日本心理学会代63回大会シンポジウム(シンポジウム企画,構成,司会) 
1999年9月  眼球運動研究.日本心理学会第63回大会ワークショップ(企画,構成,司会) 
2000年7月  生理特性の立場から,自動車技術会生体特性活用委員会(シンポジウム)「自動車と人間−今、何が問題か?」 
2001年3月  重力が関与するヒトの感覚・運動機能 ― 低重力環境におけるヒトの生理的、行動スキームのリプログラミング,第56回VR委員会定例会(招待講演) 
2001年9月  Insufficient cooperations between Gravity independent muscle and antigravity muscle affect right perceputual decision under altered gravity environment. INSERM/Unit 543, (Invited lecture)  
2001年10月  宇宙空間に適応する心のはたらき,日本基礎心理学会「心理を科学する」講演会 (招待講演) 
2001年11月  眼球運動 –臨床的アプローチ-.日本心理学会第65回大会(ワークショップ) 
2002年3月  生体情報を利用することはどこまで可能か、自動車技術会・生体情報活用部会(シンポジウム主催) 
2002年3月  ”To see or not to se, Human factor issues in new e-media” 第35回知覚コロキウム特別講演 
2002年10月  乳幼児の眼球運動研究 日本心理学会第66回大会・ワークショップ(企画,構成,司会) 
2002年10月  生物と重力環境 –生物学的意味と行動学的意義-平成14年度東北学院大学人間情報学研究所特別講義(招待講演) 
2002年10月  International Symposium for Environmental Medicine –Changing Environment and Human Health- Simulated Session IV (Chaired) 
2003年2月  眼球運動測定法の現在,慶應義塾大学21世紀COE「心の解明に向けての統合的方法論構築」ワークショップ(招待講演) 
2003年9月  "Tell me your current status more clearly and exactly!"日本心理学会第67回大会・ワークショップ:心理物理学の現在(ワークショップ講演) 
2003年10月  重力環境の境界は越えることができるか:名古屋大学公開講座「越境を科学する」(講演) 
2003年10月  Long term stay under altered gravity environments and perceptual-motor adaptation. Symposium on Visual Perception in Real and Virtual Space In Kongress der Schweizerischen Gesellschaft für Psychologie(Symposium) 
2004年3月  眼球運動が関与するさまざまな運動知覚,中京大学体育研究所学術講演会, (講演) 
2004年9月  日本心理学会第68回大会・ワークショップ:眼球運動 (ワークショップ主催及び指定討論) 
2004年10月  重力は生物の生存に不可欠な物理環境である.第55回北海道理学療法士学術大会(特別講演) 
2004年10月  特別セッション「バランス」.第55回北海道理学療法士学術大会(指定討論者) 
2005年1月  特別講演「身体平行における視覚と前庭覚の統合」日本視覚学会2005年冬季大会」(特別セッション座長) 
2005年1月  「視覚と行動のかかわり 視覚前庭相互作用」日本視覚学会2005年冬季大会」(シンポジウム主催,座長) 
2005年8月  Unusual non-conjugate eye position in Kabuki play and Ukiyoye wood prints., 13th European Conference on Eye Movements, Bern/Switzerland, (Symposium, Chaired) 
2005年8月  How to calibrate eye position data fro the infant without verbal communications 13th European Conference on Eye Movements, Bern/Switzerland, (Symposium) 
2005年8月  Eye, head and body movement 13th European Conference on Eye Movements, Bern/Switzerland (Chaired) 
2005年9月  眼球運動 –パーシュート運動と速度知覚-.日本心理学会第69回大会(ワークショップ) 
2005年11月  重力と行動. 微少重力環境下におけるヒトの認識と行動の錯誤.お茶の水女子大学創立130周年記念シンポジウム「飛天の夢―その思想と科学―」(シンポジウム) 
2006年11月  日本心理学会第70回大会・シンポジウム:眼球運動の実験心理学 (シンポジウム主催及び話題提供) 
2006年11月  日本心理学会第70回大会・ワークショップ:諸感覚統合過程と空間知覚(ワークショップ話題提供) 
2006年11月  眼球運動が関与するさまざまな運動知覚(東北大学電機通信研究所共同プロジェクト研究「視覚の統合処理過程の解明とその応用」)(セミナー講演) 
2007年1月  視覚機能の疲労をどのように測定するか.名古屋大学・先端技術共同研究センター・オープンフォーラム:「人と機会の健康的共生をめざして 〜第1回:疲労,ストレスと健康〜」(招待講演) 
2007年6月  ヒトの知覚と重力〜スペースシャトル・エンデバー号での実験〜 第70回名古屋大学博物館特別講演会 
2007年10月  宇宙環境とヒトの知覚の変容.知的オフィス環境コンソーシアム(招待講演) 
2007年11月  眼球運動の諸相をどのように評価するか(東北大学電機通信研究所共同プロジェクト研「視覚の統合処理過程の解明とその応用」)(セミナー講演) 
2008年2月  Device dependent immersion or perception contingent reality? (Invited lecture in 1st International conference: When Media Environment Become Real, Bern/Switzerland (Invited Talk) 
2008年3月  日本動物心理学会第147回例会(指定コメンテーター) 
2008年9月  ヒトおよび社会の要因に関する研究環境科学会2008年公募シンポジウム「環境・リスク・ヒューマンファクター・社会システムにかかわる科学技術評価指標の開発−持続可能型エコトピア実現に資する指標−」(公募シンポジスト) 
2009年1月  「本田さんの声が聞こえる」特別セッション「本田仁視・追悼セッション」日本視覚学会2009年冬季大会」(座長,指定コメンテーター) 
2009年6月  「眼球-頭部運動協応から見た重力可塑性の問題」東海心理学会平成21年度第2回研究例会,(特別講演)  
2010年3月  「行動科学の隘路を探る道具としての眼球運動研究」名古屋大学最終講義 
2010年5月  「重力空間における身体と空間の知覚と認識」熊本大学・積山薫研セミナー(招待講義) 
2012年8月  「眼球運動が運動知覚を修飾する−自ら運動する生物は外界の動的なターゲットや 絶えず動き回る環境をどのように知覚しているのだろうか」京都市立芸術大学・高橋悟セミナー 
2012年10月  「宇宙飛行士の行動を分析する―地球の重力のよりよい理解を目指して」京都ノートルダム女子大学心理学部・大学院心理学研究科主催公開講演(10月20日) 
2013年6月  「究極のアナログ・メカニクスはデジタル機器の記録を凌駕して新しい局面を拓く」(招待講演)東海心理学会研究例会2013年6月15日(名古屋大学・千種キャンパス)  
2013年8月  Very High Resolution Eye Movement Recording System (Symposium in Honor of Rudolf Groner), Lund/Sweden (Invited Talk)  
2013年11月  「我が国が主導した最初の有人宇宙実験から20年が経過した重力ライフ・サイエンス研究」(特別講演)第59回日本航空宇宙環境医学会2013年11月22-24日(川崎医療福祉大学・倉敷) 
(5)その他