氏名 杉村 美奈 (SUGIMURA Mina)  
所属 国際言語文化学部 英語英文学科 
人間文化研究科 応用英語専攻 
職名 准教授 
主要学歴
2002年 3月京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業 
2004年 3月大阪大学大学院言語文化研究科言語文化学専攻博士前期課程修了 (修士(言語文化学))  
2008年9月大阪大学大学院言語文化研究科言語文化専攻博士後期課程退学 
2012年 5月マギル大学(カナダ)言語学科(McGill University, Department of Linguistics) 博士課程修了 (Ph.D. (Linguistics))  
取得学位 Ph.D. (Linguistics)
修士(言語文化学) 
研究分野の概要 理論言語学 (Theoretical Linguistics)
生成文法 (Generative Grammar)
統語論 (Syntax)
形態論 (Morphology)
分散形態論 (Distributed Morphology)
統語論と形態論のインターフェイス (Syntax-Morphology Interface) 
キーワード Language Theory, Syntax, Morphology, Interfaces  
主要職歴
2009年9月〜12月, 2010年9月〜12月マギル大学言語学科 Course Instructor [Morphology] (with Junko Shimoyama) 
2012年9月〜2013年3月 愛知大学 非常勤講師  
2012年10月〜2013年3月名古屋工業大学 非常勤講師 
2013年4月〜現在京都ノートルダム女子大学人間文化学部英語英文学科 専任講師 
2014年4月〜2016年5月同志社大学文学部英文学科 嘱託講師 
2015年4月〜現在京都ノートルダム女子大学大学院人間文化学研究科応用英語専攻 専任講師 
2017年4月〜現在京都ノートルダム女子大学 人間文化学部英語英文学科 准教授 
2017年4月〜現在京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科応用英語専攻 准教授 (兼任) 
学内活動 教務委員 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:英語英文学基礎演習, 言語学概論, ことばのしくみ, 英語英文学特論, 卒業研究
大学院:応用英語研究方法論, 日英語比較分析 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
   該当なし
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
(2)論文          
Phi-agreement in Japanese: On the person restriction of Case-valuation  共著  2014  Proceedings of the 40th Western Conference on Linguistics (WECOL) Vol. 22   Obata, Miki and Mina Sugimura  111-119 
Outer/inner morphology: The dichotomy of Japanese renyoo verbs  共著  2016  Proceedings of the 90th Linguistic Society of America (LSA) Annual Meeting, Vol.1  Sugimura, Mina and Miki Obata   
How to label {H, H}: A view from lexical V-V compounds in Japanese  共著  2018  言語文化研究 06号 京都ノートルダム女子大学   Sugimura, Mina and Miki Obata  4-19 
Narrow syntactic movement after spell-out  共著  to appear  Minimalist Approaches to Syntactic Locality in Natural Language, Springer  Dobler, Eva, Heather Newell, Glyne Piggott, Mina Sugimura, Tobin Skinner, Lisa Travis   
The role of head movement in structural realization: V-te V vs. V-ni V constructions in Japanese  単著  to appear  McGill Working Papers in Linguistics (Special Issue in Honor of Lisa Travis) 25-1, McGill University.     392-403 
(3)その他          
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
2010年〜現在  関西言語学会 
2013年〜現在  日本英語学会 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他