氏名 鎌田 均 (KAMADA Hitoshi)
所属 人間文化学部 人間文化学科 
職名 准教授 
主要学歴
1990-1994同志社大学文学部文化学科文化史学専攻 
1995-1996Graduate School of Library and Information Science, The University of Western Ontario ウェスタンオンタリオ大学(カナダ)図書館情報学修士課程 
1997-2002School of Public Administration, University of Victoria ビクトリア大学(カナダ)公共行政学修士課程 
取得学位 Master of Public Administration
Master of Library and Information Science
 
研究分野の概要 情報資源の流通と管理、図書館組織、サービスの運営。パブリックマネジメント、公共政策からみた図書館の経営について。情報の利用と情報リテラシー教育、とりわけ情報を読み解く能力についての考察。文化と情報に関する諸問題。 
キーワード 情報サービス、情報メディア、情報資源の構築・管理 
主要職歴
1994年4月-1994年12月同志社大学学術情報センターアルバイト職員 
1997年3月-1997年7月株式会社パスコ アルバイト(地理情報システム) 
1998年1月-1998年4月Human Resources Research Analyst, Capital Health Region ブリティッシュコロンビア州都医療区(カナダ) ヒューマンリソースリサーチアナリスト 
1998年9月-1998年12月Research Analyst, Ministry for Children and Families, Government of British Columbia ブリティッシュコロンビア州児童家族省(カナダ) リサーチアナリスト 
1999年6月-2013年6月Assistant/Associate Librarian, The University of Arizona アリゾナ大学(アメリカ)図書館司書(2010年9月よりパートタイム) 
2011年4月-現在に至る同志社大学嘱託講師 
2013年4月-現在に至る京都ノートルダム女子大学 人間文化学部人間文化学科 講師 
2014年11月-2015年1月京都女子大学非常勤講師 
学内活動 図書館情報センター委員(2014年4月〜2016年3月)
学生委員(2017年4月〜) 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:図書館概論 図書館情報技術論 情報資源組織論 発展演習 基礎演習 現代出版事情 出版文化史(隔年) 図書館総合演習 情報サービス演習I 図書館制度・経営論 専門演習 卒業研究 情報・メディアの文化とリテラシー(隔年) 図書館実習(兼担)
大学院:出版・情報文化特論 出版・情報文化演習 
2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
  プロジェクト形式  2013年4月〜  京都ノートルダム女子大学「出版文化史」、「図書館情報資源特論」、「図書館総合演習」においてプロジェクト形式の授業を実施 
  アクティブラーニング  2014年4月〜2016年7月  京都ノートルダム女子大学「図書館概論」においてグループワーク中心の授業を実施 
  チームティーチング  2015年4月〜  京都ノートルダム女子大学「発展演習」において2名の教員と協同で一般に公開できる内容のビデオ作成のプロジェクトを指導 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
  科目講義ゲストスピーカー    同志社大学「米国文化史」(2008年11月)、同志社大学「Associated Kyoto Program」(2008年11月)、同志社大学「学術情報利用教育論」(2008年12月)、大阪大谷大学「図書館サービス論」(2011年1月、2012年12月) 
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
  学会ワークショップ  2005年4月  OCLC-CJK Users' Group Meeting (Chicago, IL, U.S.A.)にて、"Possibility in Digital Collection Management: Introduction to CONTENTdm" と題してデジタル資料管理ソフトウェアについて紹介 
  学会ワークショップ  2005年4月  ASIANetwork (Whittier, California, U.S.A) 会議にて日本研究のための電子資料について講義 
  学会ワークショップ  2007年9月  Western Conference of the Association for Asian Studies (Salt Lake City, Utah, U.S.A.)年次大会にて日米図書館資料相互貸借プログラムについて講義 
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1  Scholarly Communication in China, Hong Kong, Japan, Korea, and Taiwan  共著  2008  Chandos Publishing  Jingfeng Xia 編 3章 "Scholarly Communication in Japan" 執筆  61-91  
(2)論文          
Information Literacy Education at the University of Arizona Library: Strategies and Practices  単著  2001  『同志社図書館情報学』12    69-87 
East Asian Collections and Organizational Transformation in Academic Libraries (査読付)  単著  2002  College & Research Libraries vol.63 no.2    125-137 
Incorporating a Japanese Materials Approval Plan: In Changing Collection Development Environment at the University of Arizona Library(査読付)  単著  2004  Collection Management vol.29 no.1    3-17 
Kiyo Journals and Scholarly Communication in Japan(査読付)  単著  2007  Portal: Libraries and the Academy vol.7 no.3    375-383 
一次資料の利用と情報リテラシー:米国大学図書館における特殊資料コレクション、アーカイブの教育的役割から見て  単著  2013  『同志社図書館情報学』23     1-15 
A Systematic Plan for Managing Physical Collections at the University of Arizona Libraries(査読付)  共著  2013  Collection Management vol.38 no.3  Jim Martin, Hitoshi Kamada, Mary Feeney  226-242 
アーカイブズにおける教育と情報リテラシー:図書館における情報リテラシー及びメディアリテラシーとの比較から  単著  2017  『京都ノートルダム女子大学研究紀要』47    35-48 
(3)その他          
(報告発表)Information Literacy for Asian Studies  単独  2001年8月  2nd International Convention of Asia Scholars (Berlin, Germany)     
(報告発表)Effective Library Instruction for Japanese Studies Courses: Enhancing Student Learning  単独  2002年9月  Western Conference of the Association for Asian Studies (Provo, UT, U.S.A.)     
(報告発表)北米における日本研究コレクションの運営について  単独  2002年10月、11月  全国図書館大会専門図書館分科会(前橋市)、国立大学図書館協会近畿地区協会(京都市)     
(報告発表)Copyright Basics for Japanese Studies Scholars: How a Librarian can Promote Understanding  単独  2003年10月  Western Conference of the Association for Asian Studies (Tempe, AZ, U.S.A.)     
(報告発表)Exploratory Approval Plan for Japanese Materials: A Case Study at the University of Arizona Library  単独  2004年3月  Council on East Asian Libraries Annual Meeting, Association for Asian Studies (San Diego, CA, U.S.A.)     
(報告発表)Information Culture in Japan  単独  2004年12月  Arizona Library Association Annual Conference (Tucson, AZ, U.S.A.)     
(報告発表)Evolution of Kiyo Journals in Japanese Academia  単独  2005年9月  Western Conference of the Association for Asian Studies (Denver, CO, U.S.A.)     
(報告発表)Karate in the United States: Its Popularization and Diversification  単独  2006年10月  American Studies Association Annual Conference (Oakland, CA, U.S.A.)     
(報告発表)米国大学図書館におけるサービスの変容と財政削減への対応  単独  2008年12月  日本図書館研究会奉仕研究グループ例会(大阪市)     
10  アメリカ大学図書館における情報資料マネジメントの実際  単著  2010  『同志社大学図書館学年報』36    36-45 
11  Digital Humanities: Roles for Libraries?  単著  2010  College & Research Libraries News vol.71 no.9    484-485 
12  (報告発表)図書館のサービス空間:アメリカにおける大学図書館サービス    単独  2011年4月  日本図書館研究会研究例会(大阪市)     
13  (報告発表)Karate in America: Images through Analysis of Karate School Websites   単独  2011年7月  International American Studies Association 5th World Congress (Rio de Janeiro, Brazil)     
14  「エンベディッド・ライブラリアン」図書館サービスモデルの米国における動向  単著  2011  『カレントアウェアネス』no.309    6-9 
15  (報告発表)研究資料、データの組織化と効果  単独  2013年7月  科学研究費基盤研究A研究課題「環太平洋における在外日本人の移動と生業」研究会(京都市)     
16  (書評)『シビックスペース・サイバースペース:情報化社会を活性化するアメリカ公共図書館』Redmond Kathleen Molz and Phyllis Dain, 山本順一 訳  単著  2015年9月  日本図書館情報学会誌. vol. 61, no. 3     
17  (報告発表(学内))アーカイブズ資料の教育的利用にみる情報リテラシー  単著  2016年2月  研究プロジェクト発表会(京都ノートルダム女子大学)     
18  (報告発表)近来の日韓米図書館立法とその実効性に関する一検討  共同  2016年2月  日本図書館研究会研究大会(京都市)  孫 誌衒,中村 恵信,石井 莉乃   
19  アメリカ政治と図書館(IFLAコロンバス大会へのおさそい3)  単著  2016年6月  『図書館雑誌』110 (6)  376   
20  米国の高等教育におけるアーカイブズの教育活動  単著  2016年6月  『アーカイブズ学研究』24    86-91 
21  (報告発表)能動的図書館サービスモデル,エンベディッド・ライブラリアンをめぐって:アメリカにおける展開と日本における同様事項の追究  共同  2017年2月  日本図書館研究会研究大会(大阪学院大学、吹田市)  共同発表者:家禰 淳一,常世田 良,孫 誌衒,中村 恵信,志保田 務   
22  (報告発表)大学生の日常生活における書籍との接触  単独  2017年8月  アジア太平洋図書館情報学会日本支部設立セレモニー、記念研究講演会(大阪府立中之島図書館、大阪市)     
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
2003-2006, 2011-  American Library Association 
2011-  日本図書館協会 
2012-  日本図書館研究会 
2013-  Association for Information Science and Technology 
2015-  日本図書館情報学会 
2015-  日本アーカイブズ学会 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
2011-2014  北米日本研究資料調整協議会 リサーチアクセスプロジェクト アドバイザー 
(4)講演講師等
2011年4月  「北米の図書館学大学院留学、大学図書館勤務を経験して」同志社大学図書館司書課程 図書館ガイダンス講演 
2014年3月  「図書館という場を超えた利用者支援:エンベッディッド・ライブラリアンを中心に」 大学図書館におけるこれからの学習支援ーラーニングコモンズを超えてー(大学間連携共同教育推進事業 学都いしかわ・課題解決型グローカル人材育成システムの構築 図書館機能強化プログラムシンポジウム)金沢大学 
2015年7月  「図書館を学びの場所として使いこなす」京都ノートルダム女子大学公開講座(共同講演者:岩崎れい、上田信行) 
(5)その他
2012年11月-2013年1月  同志社大学ラーニングコモンズ開設アドバイザリースタッフ